書評レビュー東大生ブログ 右往左往 [書評]その他
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

書評を評する。

自分が今まで何百冊も本を読んできた中で、気をつけてる事。
書かれている内容を学ぶのは当たり前として、2つ。

「なぜその本が書かれなければならなかったのか。」
背後の文脈や時代の要請を読みとる。その本が歴史の中でどの位置にあって、どの隙間を埋めようとしているのかを理解する。

「その本に書かれていない事は何か」
あるいは、著者によって意図的に伏せられているのはどんな話か。
どんな本にも、書かれるべきだったのに書かれていない事が、必ずある。

この2つを書評に反映させる事は、結構大事だと思う。


そして、今まで何百もの他人の書評を読んできた中で思った事。

書評がうまい人はすぐわかる。
Amazonのトップ100レビュアーの中には、明らか宇宙人クラスの名無しさんがごろごろいる。
言葉の繰り方、抑揚の付け方のレベルが異次元。
文字の置き方1つとっても、上品さが醸し出されるというか、読者を引き込む力が強いというか。
どうやったらあのレベルの重さの言葉が発せられるのか、考え中。


「あ、これ買おう。」って思えるような書評を見た時、あの言葉を思い出す。

”私たちは、言葉の力を信じている。”
http://www.youtube.com/watch?v=eAbVx5y2UFs&feature=related
-朝日新聞CMより


人の心を動かすような書評は、自分にはまだまだ書けない。
鍛錬あるのみ。
願わくは、今年中にAmazonのトップ500!

ちなみに、この人の書評が一番好き。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/
超超超有名ブロガー。
あのライブドアを一流の会社に育てた功労者。有名になった時はもう辞めてたけど。
ブログをざっくり読むとわかるけど、まさしく天才。
月に500冊の本を読むらしい。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

グレート・ギャッツビ-(村上春樹訳)を読んだ

村上春樹のグレート・ギャッツビーを読んだ。

他の翻訳も原典も読んでいなかったので、書評できなかった。

正直、原典も訳本もあれほどまでに称賛される作品である理由は、自分にはわからなかった。
理解するだけの頭がなかったという事だろうか。

あとがきの部分は多くの示唆に富んでいて、むしろそこから読み始めるべきだった。


まぁ、良くも悪くも村上春樹の本だという感じが滲み出ていたけど、全体的な雰囲気は楽しめた。


彼は、自分の人生の中で最も重要な本を3冊挙げるなら、
グレート・ギャッツビー
カラマーゾフの兄弟
ロング・グッドバイ
になると言っているが、その中でも一番が本書であるらしい。

カラマーゾフは一瞬で引き込まれるような力を持った作品だってことはよくわかる。
彼自身認めるように、原典の持つ美しさを翻訳で完全に再現する事はかなわないという事なので、原典読んでみようかな。


正直なところ、小説の書評は苦手。。
普通の人と比べてあんまり読んでないのかな
読む作者がものすごく偏っているのも原因かもしれない

フィクションとノンフィクションとじゃ、書評するのに全く別の能力が必要とされるのは間違いない。
依って立つところがファクトか他の作品群か、というところなのかな。

まぁ、よそう。
これを考えるには体力がいる。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

こばやんの飲食店では教えてくれないナイショのレシピ スペシャル

小林雄樹 著

定番料理から、素材の変わった組み合わせのものまで、200品以上のレシピが載っています。

ほとんどのレシピが超簡単に作れるものであるので、料理初心者にも、普通のレシピに飽きてきた上級者にもうれしい一冊です。

まだ半分も作っていませんが、当たり外れの幅が結構ある点を除けば、おおむね悪くないと思います。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

書評でも。

小生、速読である。

といっても、フォトリーディングやスキミングの類ではない。

続きを読む


他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。