書評レビュー東大生ブログ 右往左往 ノーベル生理学・医学賞 受賞者決定!
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

ノーベル生理学・医学賞 受賞者決定!

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2009年のノーベル生理学・医学賞を、米カリフォルニア大学のエリザベス・H・ブラックバーン教授(60)、米ジョンズ・ホプキンス大学のキャロル・W・グライダー教授(48)、米ハーバード大学のジャック・W・ゾスタク教授(56)の3人に贈ると発表した。

 受賞理由は「テロメアとテロメア合成酵素による染色体保護の仕組みの発見」。

 テロメアは細胞内にある染色体の末端部分に位置する配列で、細胞が分裂するたびに短くなっていくが、テロメア合成酵素はテロメアの長さを元に戻す働きがある。3人が明らかにしたテロメアとテロメア合成酵素の働きはその後、老化やがん、遺伝病の一部に深いかかわりがあることが判明し、新たな治療法開発への道を開いたことが評価された。

出典:読売新聞HPより抜粋


iPS細胞で今回の有力候補だった京都大学の山中氏の受賞はならなかったようです。

残念!

来年に期待ですね。


ちなみに、彼の研究室に近い関係者に聞いたのですが、iPS細胞のiが小文字の理由は、iPodのヒットにちなんだものらしいですw


関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。