書評レビュー東大生ブログ 右往左往 目に見えない力学じゃなくて、目が見えないんじゃない?
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

目に見えない力学じゃなくて、目が見えないんじゃない?

オリンピックの招致に失敗した日本の石原都知事が語った。
「東京のプレゼンテーションはほかの国に比べて圧倒的によかったと思うが、目に見えない力学が働いていた」


東京のプレゼンが圧倒的にいいということはありえ無いとは思うが、それを抜きにしてもひどい。


落ちたこと自体は問題ではない。
プレゼンはそこまで重要じゃなかったかもしれない。

問題なのは、目に見えない力学が働いていたという発言、落ちた理由が”目に見えない”ということだ。

開催地決定のプロセスが公開されていないからわかるわけない、と言ってしまえばそれまでだが、過去50回以上も開催されてきたオリンピックである。
どういう国が選ばれてきたかに関して、ある程度の知見は蓄えられたはずではないのか。
十分に統計学が使えるサンプル数ではないのか。

原因がわからないという事は、なんの仮説も持っていなかったという事だ。

今回は僅差ではなかったかもしれないが、僅差であれば、よりやり方を知っているところが選ばれるし、よりうまく働きかけをした国が選ばれる。

ただ指をくわえて見ていた日本も、何の根拠もない他国との比較で原因を乱暴に作り出すマスコミにも、うんざり。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。