書評レビュー東大生ブログ 右往左往 数学的コスモロジーと、この世界
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

数学的コスモロジーと、この世界

数学は美しい。
他の学問と比較しても、数学ほど完璧に体系的にまとめあげられているものはない。


数学の世界で証明された命題は、永久に成り立つ真理として、宇宙法則のリストに直ちに加えられる。

実際の物理世界を扱った学問においては、完璧に見えるプロセスで検証されたどんな命題でも、”現時点で最良の仮説”に過ぎない。
天動説は更新された。ニュートンも更新された。アインシュタインも、いずれ更新されるだろう。

数学には終わりがない。無限を扱う学問だからだ。
他の科学には終わりがある。
いずれこの世界についてのほとんどのことがわかるだろう。

アインシュタインは、数学を避けた。
「数学の道に進んでしまうと、たくさんの魅力的な問題に取り組むうちに大事な問題を見失ってしまうだろう。
物理だと安心だ。一番大事な問題に集中できる。」
というわけである。


数学の世界に、緊急の課題はない。
プロブレムではなく、ただ純粋にクエスチョンがあるだけだ。

ぼくは、工学の世界にいる。
常にプロブレムソルバーでありたいと思う。
この世界に存在する現実の課題をどう解決するべきかを、常に考えていきたいと思う。
アインシュタインと同じく、この物理世界にコミットしていくべきだと考えている。

数学が、現実世界の科学と交わることはあるのだろうか。
本当の意味では、まだ無いと思う。
交わっている部分が応用数学と呼ばれているうちは。

ただ、2本の平行線は、いずれ一点で交わるかもしれない。
数学は、それをも示唆する。


放浪の天才数学者エルデシュ
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。