書評レビュー東大生ブログ 右往左往 書評:カオティクス―波乱の時代のマーケティングと経営
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

書評:カオティクス―波乱の時代のマーケティングと経営

フィリップ・コトラー、ジョン・キャスリオーネ 著

変化に負けない企業になるために   ★★★★★

本書には、様々な市況の大変動に見舞われる現代の経営環境において、企業がその複雑性を理解し、変化に対応して生き残っていくための道しるべが記されている。

従来の世界には無かった多くの要素(技術革新、金融機関、環境保全など)によって、われわれが生きる現在は乱気流の時代に入ったと著者は言う。この状況下では、大小様々な変化が企業を襲い、変動後に新たな平衡状態が生まれることはない。
科学の世界(力学系の理論)においては臨界状態というこの揺らぎやすい状態の中で、いかにしてリスク・不確実性に対処し、戦略を立てるか。本書のテーマは、おそらくは多くの企業が必要としているものだろう。

全体の構成は、乱気流とはどういうものか、なぜそれが引き起こされるかについて説明したのち、それに対処するシステム全体の構成について述べ、各部分での具体的な方法論を記述している。

企業の強靭性や弾力性を高めるために本書が提唱するカオティック・マネジメント・システムは、シナリオプランニングなども内包していてなじみやすいし、企業の機能ごと、部門ごとに、どのようにシステムにかかわっていけばいいのかを詳しく書いている。

コトラーの本らしく、かっちりした内容となっており、具体性もちょうどいいと思う。自分たちがどんな状況下にいるのかを理解するためだけでも、有用な示唆が得られるのではないか。

自分は複雑系の科学になじみがあったので、研究者としても面白く読めた。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。