書評レビュー東大生ブログ 右往左往 書評:排出権取引とは何か
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

書評:排出権取引とは何か

北村 慶 著

初心者にも読みやすい! 
 ★★★☆☆

本書は、最近話題の排出権取引のさまざまなトピック、問題点について説明している。

丁寧な文章で平易に解説してあり、ページ数も専門書ほど多くないので軽く読めた上に、著者の金融の専門家としての視点からの鋭い問題提起などもあった。

初学者でもサクッと読める内容となっていた。(当方、初学者ではないが・・笑)

難点を言えば、
本書は、排出権取引について決して体系的にまとまっているとは言い難く、読み通せばこのテーマの全体像が理解できる、といったものではない。これから本気で学ぼうという人(研究/仕事)にとってのエントリー本としては、これに勝る類書がある。(レビュー済み)

まあ、全体として、ストーリーの面白さ、平易さなど、良書といえる要素を多く含んでいると思う。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。