書評レビュー東大生ブログ 右往左往 今日も今日とてスライド作り
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

今日も今日とてスライド作り

今日は、終日ゼミ発表のスライドを作ってる。

めんどくさいけど、スライド作りには、こだわっている。

言ってみれば、大学院生にとって、ゼミのプレゼンがアウトプットのすべてであり、それによって他人から評価される。
論文は、院生生活2年間のうちの、最後の1つにすぎない。

また、社会に出てからのスキルとしても重要だ。
自分の提案を生かすも殺すも、すべてスライドの出来にかかってると言っても過言ではない。
スライドは、アートだと思う。

全体がどのような論理的流れによって構成されており、一つ一つのスライドがどんな論理的なレイアウトによって構成されており、一つ一つの要素がどんな論理的な理由によって配置されているか。
これに、色遣いや、聴衆の目を引くようなクリエイティブな要素が加わり、やっとまともな資料になる。

実に様々な能力が必要とされるから、いいトレーニングになるし、いいものができると人に見せたくてうずうずする。

スライドに、命を吹き込もう。

どんな色遣いをとっても、選んだ理由が説明できるレベルまで、突き詰めよう。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。