書評レビュー東大生ブログ 右往左往 電子書籍はじまた!神がかったデジタル雑誌・書籍サービス「Zinio」
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

電子書籍はじまた!神がかったデジタル雑誌・書籍サービス「Zinio」

今年2010年は、Appleによる電子書籍ストアの開設をはじめとして数々の同様のサービスが勃興しており、「電子書籍元年」と呼ばれている。

iPhoneとiPad両方のユーザーである自分にとっては、この流れはとても喜ばしい事のはずであり、真っ先に恩恵を受ける部類であるはずだった。

しかし、である。

Amazonの日本語版Kindleストアは一向に始まる気配を見せず、Appleは相変わらずどうでもいい本ばかり並べ、その他のサービスも端末はバラけるわ全貌がいつまでたっても見えないわで、未だこれといった感動体験には出会わずに過ごしてきた。

電子書籍の始まりの年は、同時に終わりの年でもあるのだろうか。

だが、先日たまたま発見したデジタル雑誌・書籍サービス「Zinio」は、この閉塞感を打開するだけの力を持っているかもしれない。

アメリカ発のこのサービスは、The Economist、Harvard Business Reviewをはじめとした有名雑誌を中心に50,000種類を超えるコンテンツを取りそろえており、それらが書店で買う値段の2/3程で購入できる。
購入したコンテンツは、PC(win/mac)上だけでなく、iPhone、iPadでも読む事が可能。というか、専用アプリが既に存在するという徹底ぶり。

今の所、購入できるのはほぼ洋雑誌・洋書だけだが、サイト自体はいち早く日本語対応を済ませ、日本語コンテンツも徐々に増えてきている。ここに垣間見えるZinioの”やる気”は、上記で言及した他のサービスとは一線を画している。

今読める日本の雑誌一覧を挙げると、

・DIME
・PCFan
・SPA!
・Discovery Japan
・VOGUE HOMMES JAPAN
などなど。

ラインナップはこれからも増えていくと思われる。

自分は、National GeographicsやScience Illistratedなどを読んでるが、決済・ダウンロードも一度登録してしまえばサクサクできるし、何冊でも持ち運べてすごく便利。



2010年ももうすぐ終わるが、ここにきてやっと、電子書籍元年の萌芽をみることができたような気がしている。


Zinio日本語サイト:http://jp.zinio.com/
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん~
個人的には電子書籍は通常の本よりかなーり安くなって欲しいですね。違法だの合法だのはおいておいて、実際に書籍等を無料で手に入れる方法はいくつも存在するわけですから。
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。