書評レビュー東大生ブログ 右往左往 Groupon使用の心得その1
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

Groupon使用の心得その1

以前当ブログでも紹介した割引クーポンの共同購入サービス(Groupon系サービス)であるが、最近はテレビで紹介される事も少なくないようで、着実にその存在感を増してきている。かく言う自分も、すっかりユーザーとなってしまっており、何回も格安でご飯を食べに行ったりしている。

非常に便利で、これからも広まってほしいこのサービスなのだが、最近のクーポンの乱立で色々と気になる事もある。

まず、クーポン提供会社が100を超えている状況で、会社ごとに別々のアカウントを取得しなければならない事。これはとてもめんどくさい。まとめサイトは使いやすいんだが、いざクーポン購入の段になると個人情報やらクレジット情報やらをいちいち打ち込まなければならない。各社が提供しているクーポンは一度に1つ、2つ程度なので、面白いクーポンを探していると、必然的に色んな会社にまたがってアカウント登録しなければいけないという状況である。

そもそも、こういうビジネスモデルだと自社単独でのユーザー囲い込みはまずもって不可能なのは自明なわけだし、ログイン、決済、クーポン管理等を規格化してワンストップでやれるような仕組みを構築しても問題は無いはずだ。クーポン各社にその認識はないだろうけど。もう一度言う。囲い込みは不可能なのだ。

そして、ここまでクーポンが増加すると、当然のようにその質にもバラつきが出てくる。玉石混合。
サービス提供店舗の側では、例えばレストランなんかだと、クーポン専用のコースを特別に組んでいる事も珍しくない。普段○○円→特価××円、の普段の価格が若干怪しいところも散見される。この部分は、ユーザーが自らその値段を吟味して、「通常価格でも食べたいコースか」「特価分の価値があるコースか」をしっかりと判断すべきだろう。


実際、自分がこれまで行った店の満足度はかなり高い。本来なら手が出ない価格の料理が半額以下で食べられる上に、店側の対応もすこぶる良かった。クーポンに記載されていないお土産のサービスとかもあった。クーポンを提供する店としては、今まで掴めなかった新たな客層を流し込みたいという意図があるので、この対応の良さも頷ける。

そのわかりやすさから、多業種で展開が行われつつあるGroupon系サービスから、今後も目が離せない。東京以外のクーポンは少ないけど、まだ使ったことない人は、是非。

参考:
本家Groupon
http://www.groupon.jp/
Chikirinの日記 - グルーポンあれこれ
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20101024
GaiaXソーシャルメディア ラボ - 国内グルーポン系サイト46社乱立!売上MAX1,600万円、市場規模は既に7.5億円以上!
http://d.hatena.ne.jp/GaiaX_Social-Media_Lab/20100830/1283136223
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

グルーポン自分実は使ったことなかったりします。
というかカナダきちゃったし外食することもなくなっちゃいましたけどね。
というかするにしてもファーストフードぐらいです(´・ω・`)

No title

>とらさん

アメリカだとグルーポン盛んなはずですけど、さすがにカナダはまだそこまでではないですよね。

日本もまだ東京以外は手薄ってのがちょっと不便なとこです。
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。