書評レビュー東大生ブログ 右往左往 メモ)カーネギー「自己を伸ばす」
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

メモ)カーネギー「自己を伸ばす」

書評ではなく気になった箇所のメモ。

以下、全てアーサー・ぺル「D・カーネギー 自己を伸ばす」(創元社)より抜粋。


第三章◆自信を勝ち取る より

「われわれは、もしも心の底から自己改善をしたいと思うのだったら、まず新しい習慣を形成しなくてはならない。われわれの人生、われわれの性格は、いずれもわれわれの日々の習慣の合計に過ぎないからだ。われわれの習慣、それがとりもなおさずわれわれなのだ。」

ウィリアム・ジェームズの四つのルール:

1.物事を始める時は、持ち合わせている熱意の全部を投入せよ
 とにかく、あなたの熱意が沸騰点に達するまで、その新しい習慣の重要性を強調し続けることだ。
2.あらゆる機会を捉えて、あなたの新しい決意を実行に移せ
3.一旦実行しようと心に決めたことは、たとえ一回でもそれを怠ってはいけない
4.自分の後ろの橋をすべて焼き払い、絶対に、もう後には引けないという状態に、自分を追いこめ





第四章◆人前で話をする

「自分が実際にスピーチに使う材料の四十倍を頭の中に入れておくこと」
自分の話そうとするテーマについて完全な知識を持つ事によって、精神的なゆとりができ、自信と、持っている情報を人に伝える能力とを、自分のものにすることができるのである。

レオ・シムキンが開発したシステム:
会議で何か問題を提起しようとする者は、あらかじめ次の4つの質問に答えるメモを作成して私に提出してもらう、というルールである。

質問1 何が問題なのか?
質問2 その問題の原因は何か?
質問3 解決策としてどんなものが考えられるのか?
質問4 とり得る最上の解決策は何か?





第五章◆熱意をふるい起す

熱意というものは、うわべだけの、底の浅いものではない。人間の奥底からわき出るものでなくてはならない。

長続きする熱意を起こす一つの方法は、一つの目標を設定し、それに向かって努力して、それを達成した時には、もう一度別の目標を設定してこれに向かって努力を続けることである。このような方法でやれば、興奮とチャレンジに駆り立てられて、持続する熱意をどうしても持たざるをえなくなるだろう。

「どんなことでも、自分がいちばん恐れていることをやってみることによって、恐怖心が克服できるのと同様に、自分の一番関心の薄い事柄にまず取り組み、それに一生懸命ぶつかっていくようにすれば、やがて、その事柄が最初思っていたほどつまらない、あるいは難しいものではないことが分かってくるものだ。」

「第一に、無理をしてでも熱意を持った人間らしく振る舞う事。そうするうちに、本当に熱意ある人間になってくるものだ。
第二に、自分の取り組んでいる問題に打ち込み、それをよく調べ、習得し、その問題を、自分の生活の一部に組み入れてしまう事だ。その問題について、出来るだけ多くの情報を集めること。そうする事で、知らず知らずのうちに、その問題に対する熱意は高められるものだ。
(中略)
私たちは自分が良く知っている対象に限って熱意を持つことができるのである。」

体の調子がいいという事は、熱意が生まれる健全な源泉である。何らかの活動に置いてエネルギッシュであれば、そこに精神的、感情的なエネルギーと言うものがわき出てくる。だから毎朝仕事の前に、体操やジョギング、自転車などで運動する人が多い。そのような運動は健康に良いだけでなく、一日の活動のためのエネルギーと熱意を一層高めるのにとても役立つのである。

熱意を起こさせるもう一つの方法としてペップ・トーク、つまり何かをやる前に一言二言励ましの言葉をかけること、である。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。