書評レビュー東大生ブログ 右往左往 AmazonVine先取りプログラム第一回メールマガジンが届いた。
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

AmazonVine先取りプログラム第一回メールマガジンが届いた。

Amazonのトップレビュアー+αに送られてくるらしい、あまりその実態を把握することができず謎に包まれていた「Amazon Vine先取りプログラム」だが、本日10時ぐらいに第一回のメールマガジンが送られてきた。



大注目の品ぞろえ。


真っ先に感じた印象は、提供されるサンプルの種類がひじょーーに多岐に渡る、という事。
数の多さもさることながら、そのカバーしている範囲はAmazonの扱っている商品の幅広さをそのまま反映している感じだ。書籍が半分以上はあるだろうと予想していたんだがそんな事は全然なく、全てのカテゴリの商品が同じ数ずつあるというような状況。

どこまで書いていいのかよくわからないが、ホーム・キッチン、家電、書籍、PC周辺機器、音楽周辺機器などなど。価格帯も、実際に記載されてはいないが数百円程度のものから数万円程度のものまで非常に幅広い。


ってか、、、、、、

書籍少なっ


こっちとしては、皆が高額商品に目を奪われてる隙に発売前の話題の本をかっさらってしまおうという計画だったんだけど、その夢を一瞬で捨てなければいけないほどの貧弱なラインナップ。


キレそうになる気持ちを押さえて「こんなプログラムなら興味ないわ・・」と虚空に向かってつぶやいたが、その舌の根が乾かぬうちに実売価格5万円を超えるような家電を注文してしまった自分の将来が楽しみ!


ホントに来るのかなこれ?
いいのか。。

書籍をもっと増やしてくれ。
サイエンス系をたのむ。。
いや、やっぱ高額家電を増やしてくれ。。


というように、これからの商品の拡充が切に望まれる「Amazon Vine先取りプログラム」だが、Amazonさん自身、これから品数を増やしていくと言っているので、期待して待っていたい。


関連記事:
「Amazon Vine 先取りプログラム」からの招待メールが!
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。