書評レビュー東大生ブログ 右往左往 一家に1台、office glico
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

一家に1台、office glico

オフィスグリコ、である。

おもしろい!実におもしろい!

力技のように見えて、なかなか秀逸なビジネスモデルだと思った。

要するに、自分のオフィスでグリコ商品をいつでも手に取ることができる、ということである。

まず、グリコの商品がそろったミニ陳列棚を無料でオフィスに設置する。
→社員は、1個100円で自由にそれらを取っていくことができる。
→1週間ごとに、グリコの営業員が代金回収と商品の補充にやってくる。

すごくシンプル!

10種類程度のお菓子だけでなく、リクエストも可能だとか。

グリコにとってのメリット:
・顧客の囲い込みができる
  オフィスにおいては、競合は存在しないのである!
・購入頻度の上昇
  近くにあればたくさん買うだろう


オフィスにとってのメリット:
・福利厚生
  社員は安い値段で、コンビニに行かずともお菓子が買える。
・コストはかからない


過去をさかのぼれば、富山の薬売りみたいなのがあった。
これができるのも、グリコがすでに、ワンストップでも十分皆を満足させられる商品ラインナップを持っていることがあってのことだろうが、目の付けどころと営業力にも恐れ入ったというところである。

お菓子市場全体が頭打ちする中、特定顧客にフォーカスしたこの戦略は、功を奏しているようだ。
オンラインでは売りにくいお菓子だが、オフラインでも日本企業はまだまだ勝負することはできるようだ。

実はこれ、すでにかなり広まっているとか。

次は、あなたのオフィスかもしれない・・・
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。