書評レビュー東大生ブログ 右往左往 今、世界卓球が最高に面白い
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

今、世界卓球が最高に面白い

最近、東京テレビで連日放映している世界卓球が盛り上がっている。


テレ東の社運をかけた(?)プロジェクトという事で、かなり前から告知などに力が入っていたが、正直そんなに見る気は起こらなかった。


「だって、卓球でしょ?」


先日、少し暇だったのでテレビをつけた。
チャンネルを回すと、それはやっていた。
あーそういえばやるって言ってたなーって感じで一瞥をくれる。

さて、次のチャンネルへ、と。。。

でも、回せなかった。

そこで展開されている瀬戸際での勝負の持つ迫力、その熱量に、リモコンを持つ手が止まった。

日本2-香港2
最終試合の第5セット目。

それまで押されていた平野が徐々に盛り返す。

3度のデュースの末、驚くほどの精神力で競り勝った平野の背後に映った福原の目には涙が溢れていた。


次の日も、自然とリモコンに手が伸びた。

そこで見たのは、またもや白熱のラリーの応酬だった。

男子団体、一次リーグ。
日本-ドイツ。
エースの水谷が、世界ランク3位のボルに挑む。

今まで一度も勝ったことが無いというボル相手に果敢に挑み、際どい球際での戦いを制して勝利を掴む。


なんだろう。
感動の連続じゃないか。
卓球ってこんなに熱かったんだ。



今日も僕は、卓球を見る。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。