書評レビュー東大生ブログ 右往左往 世界同時株安は再来するのか?
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

世界同時株安は再来するのか?

昨日の深夜から今日の早朝にかけての市場の混乱は一旦収まったかに見える。

たまたま起きていて色んな値動きを見ていたが、凄かった。
ドルが1ティックで1円も下がるのを見たのは久しぶりだったし、ダウも一時1000ドルを超す下げ幅だった。

ドルは120円台から一貫してショートしているので、ただただ興奮して見てたんだが、ツイッター上でのつぶやきの広がりはとても早かった。世界の終わり、みたいなツイートも多かった。

ドルが下がるのはうれしい限りだが、これが世界同時株安につながるのであれば、手放しで喜んでいるわけにもいかない。

市場では、毎度のことながらアルゴリズム取引、人為的取引ミス原因説がささやかれているが、様々な市場でのこのレベルの暴落は、より大きな病巣を抱えている世界経済に対しての市場のセンチメントが決して回復しきった訳ではない事を示したにすぎないと思う。

特に、今回のギリシャの破たん問題から波及したと言われる市場の混乱の中で一際目立った(明らかに下げ過ぎた)ドル円の暴落は、投資家のドルに対する信頼という下支えが、薄氷を踏み渡っているに等しいほど脆いものである事を露呈した。

今回の事がより長期的な問題に直結するかといえば、世界の主要市場にその影響がすぐに波及するとは考えにくい。
ただ、アメリカ経済が危機的な状況にある事に変わりはなく、あちこちに暴落の可能性が転がっている事を皆が思い出しただろう。今後はよりリスク回避の動きが目立つだろうし、主要なコモディティも弱くなるかもしれない。昨晩は原油も大きく下げた。

円高で業績が悪化する企業も多くなると予想されるし、アメリカの市場動向によっては日本市場も無傷ではいられない。

株が下がるのは別に悪くない。バーゲンセールに参加できる事は投資家にとってはいいことだ。でも、日本市場がアメリカに引っ張られ過ぎるのをいつも苦々しい思いをしながら見守るしかない自分にとっては、日本の投資家頑張れよ!って思ってしまう。

EUはしばらく不安定だろう。
それはしょうがない。
あっちの方はさすがに読み切れない。


でも、そろそろアメリカのあらゆる資産クラスをショートするための資金を準備しなければいけない時期かもしれない。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1ティック1円って、マジですか。。

>1つ前の記事
四畳半神話大系、私もみてます。最初はなんかいかにもっぽくて倦厭してたのですが、見てみると結構面白いと思いました。

No title

>とらさん

あの時の値動きは凄かったですねー

四畳半神話大系については、回を重ねるごとに深みが増していくという感じですかね。
同じような話の繰り返しでありながら、それぞれの持つ微妙な”差異”の中に、制作側の深いメッセージが込められていると受け取れました。最終話でどのような感性を見るのか楽しみです。
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。