書評レビュー東大生ブログ 右往左往 哲学には何ができるか
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

哲学には何ができるか

人生とは何か
生命とは何か
幸福とは何か
どうすれば幸福な人生を送ることができるのか

人生の中でぶち当たるこれらの様々な問いに答えるのは、誰の役目だろう。


哲学は、人類の知の集大成として存在してきた。すべての学問は哲学から派生し、哲学と同じ問いに答えようとしてきた。
もちろん、科学も例外ではない。それが実際には哲学とは違う問いに対する答えばかりを吐き出してきたとしても、かつてそれらが袂を分かつ前には哲学の一部であった。


哲学の社会的な地位が相対的に低下し、たんなる暇つぶしと捉えられるようになって久しい。


古人の名著を紐解いてみて思うことがある。
それがいかなる巨大な知性によるものであっても、どれほどの支持を得る思想であっても、それらが自分に冒頭の質問に対する何がしかの”答え”を与えてくれることは、ない。
それらが映すのは、人が悩み考え抜いた思考の系譜であり、敗北に彩られた戦いの歴史である。


そしてまた科学も、それらの問いに対する答えは持っていない。
彼らが答えてきた問いの中には、僕らが真に欲しているものは何一つ入っていない。
何一つ。


これらの問いに答えるのは誰の役目だろう。

誰も、永久に答えることはできない。
これがもっとも標準的で正解に近い回答かもしれない。

人はこれからもずっと、あるかどうかもわからない真実を求めて這い回らなければいけないのだろうか。
哲学は、科学は、無力なのだろうか。

それでも、一抹の光はある。そう言うことも、できる。
科学は人と生命に関するすべての謎を解き切る日が来るだろう。

そのとき人は、知るだろう。
自分を構成しているすべてを。
自分の存在・行動を貫く因果律を。

それを知ったとき、冒頭の問いについての答えは与えられるのだろうか。

真に受動的な態度で真実を掴む時、人は果たしてすべてを受け入れるのか。
受け入れた後に、それらの知見を使って能動的に生きることができるのか。

この問いに答えるのは、科学ではない。
哲学の存在意義は、ここにこそあるんじゃないだろうか。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。