書評レビュー東大生ブログ 右往左往 書評:1Q84 BOOK3
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

書評:1Q84 BOOK3

村上春樹 著

BOOK1・BOOK2の発売から約一年、物語は結末を迎えた。

本書では、天吾、青豆に加えて牛河にも独立した章が与えられている。
牛河の追跡の手が迫っていく中で、幾つもの謎がゆっくりと解かれていく。

1年前から意図されていたかは知る由もないが、本書は紛れもなく要請されたエンディングであり、作られた最終章である。
その点で、”終わらせる”事が強烈に意識され、それゆえ綺麗にまとまっていると感じた。
第2巻までの期待値を大きく振り切るような展開はない。物足りなさを感じる人もいるだろう。

ただ、そこには完成された村上春樹の世界があり、他の著作には無いリアリズムと温かさがあった。牛河の物語が加わった事で、全体の抑揚とバランスが格段に上がった印象。
また、2冊目で一度分断されたからこそ見ることができる質の高さがあった。
3冊を一気に読み切っていたら、恐らく星は4つだった。

発売日に読んでそのまま売ってしまった1・2巻を買い直す事は、無いだろう。
それでもこのBOOK3だけは本棚に残しておこうと思った。

※BOOK1、BOOK2のレビューはしていないので悪しからず


1Q84 BOOK 3

関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。