書評レビュー東大生ブログ 右往左往 言葉
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

言葉

自分一人の力だけで生きていけると思っていた時代が僕にもありました。


結局、人は支え支えられて生きていくんだなーと思った今日この頃。



何の見返りも求めずに投げた言葉が、相手の心に深く深く”刺さる”

感情の奥底から絞り出された言葉が、自分の心に深く深く”刺さる”



血が出るような鋭い言葉は、相手を強く思いやる心から生まれる。
そんな言葉にのみ、人は突き動かされる。

そういう魂を乗せた言葉の応酬によって、人は生きていくことができるんだろう。



かくも鋭利な刃物を、刹那的に放つ事ができるなんて。

やっぱり人間は、面白い。



俺は、、、やっぱり君と共に生きていきたい。君らと共に生きていきたい。


関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

σ(`・ω・´●)にもσ(`・ω・´●)1人で生きていると思っていた時期がありました・・。

No title

>とらさん
誰しもがそういう時期を経るのでしょうね。
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。