書評レビュー東大生ブログ 右往左往 リサーチの技術
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

リサーチの技術

探しているデータがなかなか見つけられない。
リサーチをやっていると、そういう場面に多く遭遇する。
時間は有限だ。デッドラインをクリアしなければならない。

どうすればいいのか。
探しているデータが
1.ある場合
探せばでてくるのだから、探す技術を磨くしかない。どのキーワードなら検索ででてくるのか、仮説・検証をひたすら回す。速く回す。経験を積めば筋のいい仮説を立てられるようになる。

2.アクセス出来ない場合
有料サービスの場合など。
ニッチな市場の調査なんかは、この場合が多い。調査会社が必死に集めたからこそ付加価値が付いている。重要なら、おとなしくお金を払おう。そうでないならあきらめよう。

3.無い場合
諦めが肝心。無いものは無い。


ここで、論点が2つ
・どうやって1~3のどれなのかを判断するか
・手に入らない場合はどうするか

前者は、経験を積む、これしかないと思う。時間を決めて調べるのもありだと思う。
後者は、数字を自分で作り出すしかない。市場規模=顧客数×客単価 みたいに。金額ベースでは存在しないけど客数はある、みたいなのって結構ある。

まぁ、難しいよねw
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。