書評レビュー東大生ブログ 右往左往 アナログとデジタルの狭間で
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

アナログとデジタルの狭間で

12時間表記と24時間表記どちらを使う?


こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「12時間表記と24時間表記どちらを使う?」です。水谷は、24時間表記で書くことが多いですね。理由は、単純に「午前・午後」を書く手間が省けるから・・・です。これは、水谷だけかも知れませんが24時間表記の方が、見ただけで何時か思い浮かべやすい...
トラックバックテーマ 第928回「12時間表記と24時間表記どちらを使う?」



書くって話だとあんまり面白くないんで、「時計をどちらかの表記にするならどっちを選ぶ?」っていう観点で。


これはなかなか悩みどころ。

選べって言われれば12時間表記だけど、それぞれに一長一短があって、正直迷う。


24時間表記は、1日のうちそれがどの時刻かが一意に決まる。
つまり、12時間表記ではそれぞれの時間が2回ずつ回ってくるけど、24時間表記だとその時刻を指す表記は一つしかない。

でも、その分、午後の時間については、時計を見た瞬間に、それが12時間表記では何時に当たるのかをいちいち計算しなければいけない。毎回頭の中で-12してる。これは結構時間かかる。ゼロコンマの話だけど、結構めんどかったりする。




・・
・・・
これって俺だけ?

じゃ、ないよね。たぶん。

なんでいちいち12時間表記に換算するんだろう。
なんでそっちが染みついてるんだろう。
そもそも、片方だけでしか処理できないのはなんで?
いちいち換算するのはなんで?

ちょっと考えとこう。


んで、12時間表記だと、上の短所がクリアできてるし、まぁ普通の場面では特に混乱する事もないと思う。
文脈でわかるし。午前の話か午後の話かは。

ただ、ここに一つだけ12時間表記のクリティカルな問題がある。

そう、目覚まし機能のことだ。
12時台にセットしたいとき、正午がamなのかpmなのかさっぱり分からない(笑)

自分ちの時計なら覚えればいいけど、色々時計によって違うっぽいし、海外に行ったときとか正直お手上げだ。

そんな事かよって思うかもしれないけど、これにやられたことが何度も・・

まぁ、そんな話。


そして本題。
まえにちょっと考えた事があるテーマ。

アナログ時計とデジタル時計の違いとは。


デジタルとアナログの哲学的意味合い



どっちを使うかを問われれば、断然アナログ。
ビジュアルの力はすごい。


そしてデジタルとアナログの間には、12時間表記と24時間表記以上の深い深い溝があり、本質的な違いがある。


端的に言うと、「連続値」と「離散値」の違い。

アナログは、全ての時間が連続である、というか流れている。
デジタルと違って、2:45:52と2:45:53のあいだには、断絶はない。
そして、終わりと始まりが繋がっていて、全ての時間は連続だ。

デジタルは、それが示す時刻は全て非連続の離散値として表現される。
そこには、表記の最小単位に区切られた時間の小さな枠がいっぱいある。
時間は枠組みであり、今日の終わりと明日の始まりは、繋がっていない。
私たちは、その枠を1つずつ踏みしめながら前へ前へ進んでいく。


これらが示唆するのはどのような考えだろう。

それは、「人生とは何か」、という問いに繋がっている。


アナログは、輪廻転生である。
終わりは始まりであり、我々は無限にループする時間の中に生きる。

過去、現在、未来が混然一体となった「今」のみを表す。

デジタルは、常に消費され、戻ることのない時間を表す。

時間は常に前へ進み、戻ることがない。
今日と明日には繋がりはなく、人生は常に更新される。


デジタルで表された時間は、最小単位に切り分けられ、モノとして扱われる。

ミヒャル・エンデ「モモ」の中で盗まれた時間も、おそらくデジタルの時間だろう。


この観点からどっちを取るかは個人次第だけど、時計そのものと同じく、デジタルの方が現代の思想とフィットしているのは単なる偶然なんだろうか。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。
とても興味深いテーマですね。
アナログとデジタル、「連続値」と「離散値」。
また前半部分とつなげると、主なアナログ時計は12時制のみ、デジタルは24時制表記も可能となりますね。
そして多くの時計に備えられている日付カレンダーも1ヶ月、1年単位で始まりに戻り、また同じ様に時を刻んでいく。

ちなみに私は目覚ましはデジタル派、腕時計はアナログ派です。

No title

>ytkさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

記事を書きながら、24時間表記のアナログ時計が少しぐらいあっても良いんじゃないかと思ってしまいました。アナログ時計みたいなカレンダーとか。

自分も、なんだかんだ言って目覚ましはデジタルで腕時計はアナログですw
目覚まし用だと、アナログでは午前/午後の別が無いので不便ですしね。

No title

デジタルだと残りあと何時間か計算しないといけないけどもアナログはパッと見るだけで分かるので、アナログ派かもしれません。
小さいころから部屋にデジタル時計おいたことないんで慣れていないだけかもです。。

No title

>とらさん

そうですね。
アナログは、相対的な位置関係を示すという機能があります。
デジタルは絶対的な座標を示すので、そういう本質的な違いもあると思います。
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。