書評レビュー東大生ブログ 右往左往 書評「僕秩プレミアム!」  | 彼だけが見る秩序
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

書評「僕秩プレミアム!」  | 彼だけが見る秩序

ヨシナガ 著
★★★★☆

本書は、人気WEBサイト「僕の見た秩序。」管理人ヨシナガ氏の、携帯アプリ配信用コラムを集めたもの。


各記事において扱っているテーマは、普通のブログと同じように何気ない日常の出来事なのだが、それを笑いあり哲学ありの著者独自の斜めの視点から鮮やかに描き出している。

それぞれが軽く、非常に読みやすかったし、色々と新鮮な驚きもあった。


上記の本家サイトは笑いの要素が強いのだが、本書においては人生や社会についての大真面目な考察を見ることができる。


感心するぐらい鋭い切り口の記事が多かったのだが、幾つか具体例をあげると、

・信号がLEDだと、周波数の関係でデジカメに写らない。なので、未来に風景を認識するロボットが出てきた時には信号は認識できなくて困るんじゃないか。
・完全な球体に写った地球の写真は非常に少なく(一部が陰になってしまうため)、我々が目にする丸い地球の写真は大体同じ写真。
・新体操やフィギアスケートにおいて、審査員の評価を上げるために、自分の楽曲の要所要所に観客の歓声を差し込んでおくといい。


って、読み返すと結構トリビア的なやつも多かった。


ヨシナガ氏の凄さとは何か。



ネットの世界に少しでも精通している人間は、彼のHPをこう評する。

”愛すべきバカサイト”


では、総アクセス数1億5千万を誇る「僕の見た秩序。」管理人である”愛すべきバカ”ヨシナガ氏の凄さとは何か。

1.「気付く」力
なんてことないように見える日常の、些細な歪み、違和感を捉える力。
彼の記事から垣間見えるのは、その着眼点の鋭さの裏にある、宝探しの圧倒的な経験値。
そして、それによって支えられた、気付き力。

常に目を凝らし、考え続けた人だけが持ちえる解像度がある。

2.展開力
目の前にある事象をどう解釈するかは人それぞれだが、ヨシナガ氏のそれは、なんと言うか、アクロバティックなのだ。
斜め78°ぐらいから切り込むその論理展開は、斬新かつ面白いものが非常に多い。

一部を見て全体を捉える、思考を逆に振る、本質を捕まえる。
これらの思考方法と面白いアイディアを出す能力が混ざり合って起こる化学反応。

+α.ユーモア
面白い。




著者自身が言うように、これらの考察には深さはない。
主張の説得力も十分とは言えないかもしれない。

ただ、それを補って余りある「何か」をヨシナガ氏は持っていると思う。
(コラムの性質上、そんなかっちりした書きモノができないってのも当然あるだろう)


本書の結びで著者は言う。

だから本書を読んでくださったみなさんには、コラム一つ一つの内容というよりも、

泥臭いネットの世界で、ちょっぴりひねくれた僕が日々感じ取っている空気感

のようなものがほんの少しでも伝われば幸いである。




きっと、僕らが見た世界の秩序と彼が見る世界の見え方は大分違っているんだろう。
僕たちには、本書を読んでその空気感をおすそ分けしてもらう事ぐらいしかできないのかもしれない。
より鮮やかに躍動しているであろう、その空気感を。


最後に、本書の一番最後の記事から引用して終わろう思う。

ヨシナガ氏が虹が動くという事実を発見した高校時代から10年が過ぎ、今でもあの虹に感動できるのか考える場面。
彼ははっきりと、否定する。

確実に失いゆくあのころの気持ち。

今でもきっと雨が上がるたびに、どこかに出る虹に試されているんだろうと思う。

僕の人生そのものが。




僕秩プレミアム! (アフタヌーン新書 004)
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。