書評レビュー東大生ブログ 右往左往 コナンのロジック
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コナンのロジック

推理もののアニメや小説を見るにつけ、その推理のロジックはどうなの?って思ってしまう。

大抵の推理において、
A(証拠)→B(犯人)である
という論理構成になっているが、
ここで問題となるのは、これらのケースが必要条件を満たしているものの、十分条件は満たしていないことが多い、と言うことだ。

つまり、その証拠から犯人でありそうと妥当に推論できるが、犯人であれば必ずその証拠が出るかというとそうではない、という状態である。

まぁありそうな証拠挙げたら大抵犯人が勝手に喋り出すし、解決するならいいんだけれど。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。