書評レビュー東大生ブログ 右往左往 睡眠に関する最新の研究結果
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

睡眠に関する最新の研究結果

どっかの学会発表より。

・30分の昼寝は一晩の睡眠に匹敵する。

 どんな前提条件のもとでの話なのかは不明だが、めちゃくちゃ有益な情報だね。

・1時間の昼寝は、脳の働きを活性化させる。

 つまり、普通に夜たっぷり寝るだけよりも、頭がよくなるってことらしい。


昼寝の重要性は結構叫ばれてきたけど、睡眠時間短縮っていう観点以外のメリットがこうやって発表されるとすごく良いと思う。

日常に強く結び付いてこそ、科学の力がわかる気がする。


ちなみに、自分が眠い時によくやるのは、コーヒーを飲んでからすぐ昼寝するやり方。

コーヒーに含まれるカフェインは眠気を抑える効果があるけど、カフェインが作用し始めるのは摂取後30分程度経ってからだから、飲んだ後すぐ寝れば昼寝からすっきりと目覚める事が出来る。

睡眠を誘発するホルモンの分泌は、昼過ぎ(2~3時ぐらい)にも活発になるから、そのぐらいの時間に寝るのは理にかなってるし、作業効率的にもちょうどいい。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。