書評レビュー東大生ブログ 右往左往 英会話スクールの市場規模
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

英会話スクールの市場規模

英会話スクールの市場規模を概算する。
市場規模〓客数×客単価

と表せる。
客数〓潜在必要数×金払える率×時間余裕率
とする。
日本全体として、必要数は、外国語を業務・勉強で必要とする20代前~50代の学生・ビジネスパーソンの10%を主として、4000万人×0.1=400万人。
このうち、…

ここで、年間の需要を出すにはかなり無理な仮定を置かなければダメなことに気付き、放棄。

需要〓供給として、
講師の数(〓在日外国人数×講師率か、スクール数からボトムアップで)×給与
で出す方が筋がよかったかな、と。


考察)
スクールのように、需要が発生してから売り上げが長期に渡って立っていくもの、個々人で期間がバラバラなものは、単年度の需要は求めにくい。
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。