書評レビュー東大生ブログ 右往左往 iPadが越えられない壁:Amazon Kindle
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

iPadが越えられない壁:Amazon Kindle

先のAppleの会見で、タブレット型PC「iPad」の概要も大体見えてきた。

各所で様々な議論がなされているが、それをざっと見渡して、感じたことがある。

なぜこうも、Kindleの終末が噂されるのか。
Kindleは、もはやiPadの中の一機能になり下がったのか。


自分は、今や世間のコンセンサスとなりつつあるKindle不要論には大手を振って反対する。

貪るように読み、本との付き合いには特別の感情を持っている読書家として。
また、Kindleを使い、iPhone(Touchだが)の電子ブックリーダーも使い、iPhoneベースのKindleアプリも使った者として。


ここでの論点は、3つある。

一覧性
可搬性
可読性
である。

そもそもiPadは、”大きすぎる”。
本を読むときに、あんな大画面で読みたいとは全く思わない。おそらく、多くの人は、”あんな”と言うほどの大きさではないだろう、と言うだろう。公式の動画を見ても、一般のハードカバーの見開きと同じぐらいだとわかる。
ただ、それでもなお、大きすぎるのだ。
電子ブックである事の1つの大きなメリットに、ページからページへの視線の移動が無くなったというものがある。
iPadはそれを蒸し返すかもしれない。

そしてその大きさだけでなくPCとしての性質ゆえに、それを本として扱う事は、難しい。
前の人の背中とくっつくような日本の満員電車において、あのサイズのハイテクで脆弱なガジェットを誰が目線まで持ち上げてずっと文字を追っていたいと思うだろうか。
ほとんど手ぶらで出かけたいとき、iPadはどこにでも持ち歩けるモノのリストに入ってる?Kindleがそうであったようには、いかない。
その少しの大きさと、途方もない高価さは、それを単なる読書ツールとして粗雑に扱う”心持ち”から遠ざけるだろう。
本は、読者と一体化していなければならない。
iPadは確かに、PCの常識を覆すほどのフィット感を我々に与えるだろうが、それでもなお足りないのだ。
読書とは、存在するべきではない行為なのだ。それは、空気でなければならない。
存在すべきは、本の中の物語のみで十分だ。

最後に、可読性の問題。
まぁこれは、慣れの問題もあるけど、Kindleが用いている電子インクを、iPadは持っていない。
つまりブラウジングしているのに等しいという事だが、結構目が疲れるし、長時間読むと集中力が希薄化していく。
iPhoneのKindleアプリでもそうだった。



そもそも、セグメントは同じではない。
AmazonもAppleもその事は承知しているだろう。
それがこんなにも比較されるのは、iPadの正しい使いこなし方をまだ誰もイメージできていないからではないだろうか。
おそらく、大画面用のアプリが出そろって初めて、正解を知る事が出来るのだろう。


まだまだ焦ってはいけない。発売されてもいないんだから。


関連記事:
ChromeタブレットがiPadよりも美味しくないただ一つの理由
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。