書評レビュー東大生ブログ 右往左往 数学は言葉
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

数学は言葉

新井紀子 著

数学を言語と捉える事によって、その文法を学び作文の仕方を学ぶ必要性を鮮やかに浮かび上がらせた本書は、素晴らしいとしか言いようがない。
数学でつまづいた経験のある人や苦手意識を持つ人にとっては、なぜうまくいかなかったかが理解できるはずだ。

本書は、まず論理記号、論理結合子を学ぶ事から始め、徐々に証明問題などに進んでいく内容となっている。
3本柱である和文数訳、数文和訳、作文それぞれに演習問題がついていて、読んだものを咀嚼しながら進む事が出来る。
この一連のプロセスを一通りこなせば、確実に数学との”距離”が縮まるはずだ。

ただ、文系で数学にほとんど触れていない人でもすんなり読み通せるかと言うと、少し難しいのではないかと感じる。
また、本書の内容をすべて理解したからと言って、著者の言うように解析学や代数学へ進めるかは少し疑問だと思う。

関連記事
数学的コスモロジーと、この世界
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。