書評レビュー東大生ブログ 右往左往 あるあるネタについての一考察
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

あるあるネタについての一考察

:おもしろいあるある芸人になるためには

ふと思った。
うまいあるあるネタを作る事って、結構難しい。

たまーに、今いいやつ出したいって時もあるけど、確かにあんまり言えなかった気がする。

なんで難しいんだろう。

ちょっと考えてみた。


あるあるの定義


あるあるネタってそもそも何だろう。

まず、何らかのテーマがある。
「・・・に関するあるある」っていう・・・の部分。
そのテーマにおいて、”ある”事を言って面白い感じにするのが、いわゆるあるあるネタ。

じゃあ、ある事って、何?
そのテーマにおいてある事であれば、なんでもいい?

違うよね。
当たり前すぎる事では、笑いが取れない。
「夜寝る前には歯を磨く」とかは、”ある”けど、面白くない。
じゃあ、面白い”ある”と、そうじゃない”ある”は、何が違うのか。

ここで、前提を1つ置きたい。
「笑いとは、ギャップである」と。

自分の感覚と話者の言葉のズレから、笑いが生じる。
予想していた事を裏切られたときに、人は笑うと言う事だ。
この前提は、笑いのメカニズムの中でも主要なものであると思う。


この前提に立って議論を進めると、面白い”ある”には、皆の感覚とのギャップが内在しているという事になる。
どの部分に?
2つの可能性が考えられる。
・内容のギャップ
・言語化可能性のギャップ

内容のギャップとは、語られた”ある”が、聞き手の感覚とは違う事。
つまり、聞き手にとって”ない”状態。
これでは、あるあるネタとして成立しないばかりか、面白くもなんともないだろう。

面白い”ある”の正体は、後者であると考える。
言語化可能性のギャップ。

何の事かと言うと、
聞き手が言語化されるとは思ってもいなかった話題が言語化されたというギャップ。
つまり、日ごろ思ってたor体験してた事だけど、聞き手自身ですら言語化した事がない事実について言われたという意外性、裏切りに対して、笑いが生まれると言う事だ。


ある意味、「その発想はなかった」である。
あったけど、なかった。そういう事だろうと思う。

だから、いいあるあるネタを聞いた時には、共感と面白さが混然一体となった感情が生まれる。
考えてみて欲しい。
普通、笑う場面で共感が存在する事はないはずだ。それは、笑いのメカニズムがギャップ、裏切りに依拠しているためだ。
そして、あるあるネタの場合のギャップは内容のギャップではないため、その2つは共存しうるものなのだ。

あるあるネタの作り方



じゃあ、面白いあるあるネタを作るためには、思いっきり聞き手の言語化認識を裏切ってやればいいわけだ。

(ここで、聞き手の共感が強いほど、言語化認識が薄い事実ほど、面白いネタになるかという部分で前提を置かなければいけないが、正直それはわかんない)

テーマ全体の中で、共感が生じて、かつあまり言語化されてない部分を見つければいいはず。
加えて、その事実自体が馬鹿らしいものだとよりいい。

求められるべきは作業は、
1.そのテーマ全体の事実集合についての理解

2.その中で、言語化されていない部分集合の探索(言語化可能性の濃淡の認識とでも言おうか)

3.当該部分集合に属する命題群からの、いいものの抽出

となるはず。


1は、まぁそのテーマについて常識と呼ばれるものを知っておくと言う事。
一通り全体像を理解してないと、2の部分を分類できない。
知識、経験がものを言う。

2では、全体の中で言語化されていなさそうな部分を理解して、選別する作業をする。
これも知識・経験が相当にものをいう部分だし、一般人の感覚と自分の感覚がある程度合致していなければいけない。

3は、実際にネタとなるいくつかをピックアップする作業。
個別の事実がよりバカらしくて、言われればあるあるって感じになるものを選ぶ。
この辺はひとえに感覚に頼る事になる。ギャップを感じ取る。


実践論的には、ボトムアップ的なアプローチが簡単かな。
あるあるネタとして使えそうと思った個別の事実について、上記の条件に照らし合わせて採用/不採用を判断する。



まぁ、実際に作る事になったら、ここに書いたような“当たりまえ”な事が相当難しいと思うけど。


続・あるあるネタについての一考察
関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。