書評レビュー東大生ブログ 右往左往 単純な脳、複雑な私
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

単純な脳、複雑な私

「単純な脳、複雑な私」 池谷祐二 著
を読んだ。
やはり、脳科学は面白い!この分野では有名作家の著者の、相変わらずの平易な語り口で、すんなりと理解できた。

内容は、脳の起こしやすい勘違いから、無意識や自由意思の話と、脳科学おいてはかなり王道の話であり、様々な具体例を用いて脳の面白さを説明していた。
単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る





本の中で特に印象に残った話がある。
脳の”ゆらぎ”の話だ。

脳は、ニューロンとシナプスで電気信号を送受信しながら体に指令を送っている。
このシステムにおいては、まったく同じ入力があったとしても、出力は毎回違うそうだ。

たとえば、同じ強さで何回もボタンを押すようにしても、毎回押す強さが微妙に変わっている、というように、脳からの指令にはある種のランダム性が存在する。
この関係は、出力=入力+ゆらぎ、と表されるらしい。

では、なぜゆらぎが存在するのか?
系のランダム性が大きくなることは、非効率性を生むのではないか?

著者は、脳がこのように進化したのには3つの利点があるからだという。
1.最適解への接近
 ゆらぎが存在することで、より効率のよい結果に近づくことができる。例で説明すると、定常状態からゆらぎのせいでたまたま別の状態に入る時があって、そっちのほうが効率のよい状態だったときにそちらに移ることができる。ゆらぎが無ければ、最初の状態のままで、自己強化が起こらない。

2.弱いシグナルの増殖(確率共振)
 弱い信号がノイズによって増強されることによって、拾うことができるようになる。

3.創発のためのエネルギー源
 いわゆる複雑系の話。ランダム性により、系全体が動的に影響し合って、強化される。

なるほど。
確かに長期的な適応戦略として、ゆらぎはあったほうがよさそうである。
納得。


alt="東大生ブログランキング">



関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。