書評レビュー東大生ブログ 右往左往 地頭力のココロ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

地頭力のココロ

細谷功 著

本書は、著者のこれまでの本で説明されていた地頭力を、より強化するために思考の基本原則を記した本である。

若手のSEが主人公となっているストーリー仕立てという構成や、師匠との会話の中にエッセンスをちりばめる事によって、類書を読んだことがない読者でもすんなりと読める内容となっている。
このことによって、本書のメッセージである「全体から」「結論から」「単純に」考える事の重要も際立っていると考える。
位置づけとしては、前の2冊のサポート的な本であろう。

ただ、このシンプルさ、平易さの裏にあるのは、情報量の少なさ、実効性の薄さであると感じた。
著者は、本書の中でこう主張する。
「単純で本質に迫ることこそ、実行に移すことは難しい。」

それを本書が体現するだろう。

関連記事

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。