書評レビュー東大生ブログ 右往左往 [書評]科学
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

神と科学は共存できるか?

スティーヴン・ジェイ・グールド 著
狩野秀之 他 訳

ハーバードの進化生物学者であり、人気エッセイストでもある著者が、科学と宗教の共存可能性について述べた本。

宗教と科学に関する言説は少なくないが、その中でも最も納得が出来、なおかつ明日からでもためになるのは、本書をおいて他には無い。


本書における著者のメッセージは、以下に集約される。
「宗教と科学の共存は可能であり、それぞれの範囲を適度に守りながら棲み分けることが重要である。」

過去の歴史の中で起こった科学と宗教に関する大小様々な事例を紐解きながら、この2つが対立してきたという考え方は間違いに過ぎないと述べる。
科学は自身の範囲を安易に拡大すべきではないし、宗教は自然の現象に道徳的な真実を見出すべきではない。自然の事実性と人間の道徳性は互いに不可侵ではあるが、双方に対する尊敬と建設的な話し合いによってこそ、幸せな関係を築く事が出来る。
そう、著者は指摘する。

著者のスタンスは一貫しており、ドーキンスらの思想との対比という点からも、面白く読めた。
豊富な事例とその明快な語り口によって、散々言いつくされてきたはずの神と科学に関するテーマにおいても、読者を全く飽きさせないと感じた。


そうなのだ。
科学は、人間の精神世界においてそれ自身がどれほど無力か知るべきであり、謙虚な姿勢を持たなければならない。
そして宗教も、全ての事象に意味を見出す意味付けマシーンとしての役回りを卒業しなければいけないのだ。
この、文字にすると当たり前のように思える態度こそが本書における本質的な議論であり、我々一般人-一見科学と宗教どちらにもかかわっていないように思える-も心にしっかりと留めておかなければいけない事なのだ。

ライフハックの本を何十冊読むよりも、この部分の本質を理解することの方が、より自分を幸せな人生に導いてくれる。



本書について一点だけ気になった事を書くと、グールドは宗教と道徳を同一視してしまっている感がある。
進化論を否定する考え方が宗教の多数派ではありえないと著者が述べているのと同じく、宗教は科学と棲み分けて人類を導いていく道徳の中のほんの一部に過ぎない。その点に少し違和感を感じた。

神と科学は共存できるか?


関連記事:
この揺らぐ世界に生きること
スポンサーサイト

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

数学は言葉

新井紀子 著

数学を言語と捉える事によって、その文法を学び作文の仕方を学ぶ必要性を鮮やかに浮かび上がらせた本書は、素晴らしいとしか言いようがない。
数学でつまづいた経験のある人や苦手意識を持つ人にとっては、なぜうまくいかなかったかが理解できるはずだ。

本書は、まず論理記号、論理結合子を学ぶ事から始め、徐々に証明問題などに進んでいく内容となっている。
3本柱である和文数訳、数文和訳、作文それぞれに演習問題がついていて、読んだものを咀嚼しながら進む事が出来る。
この一連のプロセスを一通りこなせば、確実に数学との”距離”が縮まるはずだ。

ただ、文系で数学にほとんど触れていない人でもすんなり読み通せるかと言うと、少し難しいのではないかと感じる。
また、本書の内容をすべて理解したからと言って、著者の言うように解析学や代数学へ進めるかは少し疑問だと思う。

関連記事
数学的コスモロジーと、この世界
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

生物と無生物の間

福岡伸一 著

生命の源への大いなる旅  ★★★★★

生命とは何か。
何が生物と無生物を分けるのか。
なぜ私たちは、死んだ貝殻にも生命の輝きを感じるのか。

本書には、これらの問いに対して、分子生物学者としての著者が向き合った過程が示されている。

我々は、動的な平衡状態の真っただ中にいる。
大いなる時間の流れの中で、エントロピーの増大に抗うように秩序を形作ること、それこそが生物を生物たらしめ、そのダイナミズムの中に生命の息吹を見る。

これが、本書における著者の答えである。

人体を構成するすべての分子は流動的で、食事をしたそばから新たな分子と入れ替わっていく。
数ヶ月間会っていない友人に再会した時、そのすべての分子は前に会ったときとは別のものへと置き換わっている。
つまり、分子生物学的には、彼は”別人”という事になる。

この可変性と柔軟性の中で我々が変わらないように見えるのは、複雑な生命のシステムから生み出される、極めてシンプルで美しい
秩序が保たれているからだ。

事実は小説よりも美しい。
生命の縁に立ち、ミクロの世界で巻き起こる事実を目の当たりにすることは、感動以外の何物でもない。
著者の類稀れな文章力と相まって、凡百の文学よりも力強く鮮やかな物語を紡ぎだす本書は、生きるとは何かを考え直すきっかけを作ってくれるだろう。
実験方法などの記載が細かく、なれてないと読みづらい部分もあるが、超お勧め。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

放浪の天才数学者エルデシュ

ポール・ホフマン 著

天才の物語  

文句なしにおもしろい。
本書が。

それ以上に、エルデシュという、人間が。

続きを読む


他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

研究者の仕事術

島岡要 著

研究者の??  ★☆☆☆☆

本書は、ブロガーであり、ハーバード大学医学部の研究者である著者のメルマガを加筆・修正したものである。

何人かの著名ブロガーがすごく推していたので購入した。

コンテンツが悪いわけではない。
むしろ、良質なものが詰まっていると言っていいだろう。
なぜなら、本書は有名なビジネススキル本・自己啓発書の寄せ集めだからだ。

研究者もビジネスにおけるスキル・考え方を取り入れるべき、というのが本書のメッセージだが、”研究者の”というワードをタイトルから除いた方がいいのでは?と思ってしまうほど、一般のビジネス書よりなのだ。
研究という対象の特殊性に依拠した部分は、浅いものしかなかった。

続きを読む


他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

歴史は「べき乗則」で動く

マーク・ブキャナン  著

複雑系の科学についての本である。
本書は、現実世界の様々な場面で表れる「べき乗則」に従う現象について、どう解釈すればいいのか示唆を与えてくれる。
いわゆる、複雑系、力学系の理論についての本だが、べき乗則について本書ほど丁寧に触れられているものは類書には無い。
例としてあげられる現象それぞれもエピソードとしておもしろかったし、科学の考え方そのものについての知見も多く含まれていた。

ただ、

続きを読む


他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

単純な脳、複雑な私

「単純な脳、複雑な私」 池谷祐二 著
を読んだ。
やはり、脳科学は面白い!この分野では有名作家の著者の、相変わらずの平易な語り口で、すんなりと理解できた。

内容は、脳の起こしやすい勘違いから、無意識や自由意思の話と、脳科学おいてはかなり王道の話であり、様々な具体例を用いて脳の面白さを説明していた。
単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る





続きを読む


他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。