書評レビュー東大生ブログ 右往左往 [Intuition]IT
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

宗教とゲーミフィケーション

ゲームは時として、我々が現実世界では到底体験できないような素晴らしい体験を提供してくれる。

著書「REALITY IS BROKEN -幸せな未来は「ゲーム」が創る」の中で、ジェイン・マクゴニガル氏は自信たっぷりにそう語る。


現実世界は、我々が人として成長するための適切なハードルを適切なタイミングで提供してはくれない。現実は、しばしば退屈すぎる。
その退屈すぎる現実を、(逆説的ではあるが)ゲームを通して修復しようというのが彼女の主張であり、そして大きなビジョンでもある。


「現実をゲーム化する」


最近では、各種メディアで”ゲーミフィケーション”という言葉を目にする事が多くなってきた。つまらない、いつもと同じような日常の一場面を切り取ってゲーム化することで、生産性が上がったり、これまでよりも熱中する事が出来るようになる、そんな効果が認められいま世間の注目が注がれ始めた概念である。

いわく、「お前ら雑務をゲーム化してみろ。色々捗るぞ」というわけである。

先のマクゴニガル氏の言葉を借りると、「ゲーム」をゲームたらしめる特徴は4つある。

・ゴール
・ルール
・フィードバックシステム
・自発的な参加


このいずれか1つでも欠けば、それは良いゲームとはなり得ない。

ここで上記の項目について詳細な論に入ることは避けるが、これらの点は、人間の極めて根源的な感情が依拠しているもの、つまり、何かに突き動かされる時に必要な前提条件とも言うべきものである事がわかる。世界中の人々が寝食を忘れて熱中するほどのゲームが確実に持っている要素が、人間の本能的な生への意志と深く関わっているのは、思えば当然のことかもしれない。


最近、ふと考えたことがある。

宗教も、同じではないか、と。

人類が発明したなかで最も巨大な(疑似)志向性生成システムである宗教は、数千年をかけて熟成されてきただけあって、なかなか良くデザインされたゲームのように見える。

極めて明快なゴール設定(神の祝福を受け、天国へ)。
そのゴールへ至る道程に示された幾つものルール(祈り、経典順守)。
それを守り続けることによる精神的な、しかし確かに宗教者が感じることのできるフィードバック。
最後に、それが必要とする高いレベルのコミットメント。

これらすべてが複合的に絡まった巨大な仕掛けが、その制約の強さと計算された内面的フィードバックによって維持されている。


良いゲームを創るには、細心の注意を払いながらそのゲームの包括的なデザインを様々な観点で根気強く検討していくというプロセスを踏む。

宗教のデザインも同じだろうか。
人類は、長い時間をかけて、自分たちができるだけ長時間他の事を全て忘れて没頭できるようなゲームを創ることに多大なる力を注いできたのだろうか。それが創りだしているものの内容はともかく、我々は気付かないうちに人類の全史を上げたメタなゲームをプレイしているのではないだろうか。

これほどまでに巨大で入り組んだゲームを創ること、その事自体に人間の本能が深く入り込んでいるような気がしてならない。
スポンサーサイト

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

SNSプラットフォームは電力共有の夢を見るか。

 元旦から非常に面白い視点だったので紹介しておく。

「東電+フェイスブック」は正夢か -日経電子版

 201X年X月X日、東京電力は米フェイスブックと電力事業の世界展開で合意した。会員の友達同士が電力を融通できるようになる――。「次の10年」に、こんなニュースが世界を駆けるかもしれない。急進するエネルギーとIT(情報技術)の融合。キープレーヤーの組み合わせは無限だ




 日本の電力各社はスマートコミュニティやスマートグリッドの小規模な実証実験を各地で行っているのだが、巨大SNSサービスとこれら電力会社が組んで行う電力消費の「見える化」と「効率化」というのは、悪くない未来のように思う。

 各世帯の消費電力の可視化には専用の端末が必要だが、これらの情報をクラウド化して管理すれば、世帯の電力消費の実態についての膨大な情報がオンラインで集積されることになる。これまでは主に研究の世界でしか見ることができなかったこれらの情報が万人に開かれれば、当然のように電気代の削減に関する大量のノウハウが生みだされ、即座に共有されるだろう。それらソリューションの提供を狙う民間企業にとって、この情報は宝の山だろう。そして、上記記事冒頭のような電力の共有に踏み込むためのハードルもかなり低くなる。

 そして、中国をはじめとする発展途上国に顕著な「電力の質」の問題も、世帯の電源管理をSNSプラットフォーム上に乗せることによって効率的に管理することができるかもしれない。



 ソーシャルネットワーキングサービスが数億人のユーザーを獲得するようになった時代に、この仕組みを生かす無数の道が我々の目の前に広がっている。コミュニケーションそのものに拘泥するのではなく、より生活そのものと密接に結びついたSNSの使用方法を模索していくことが、インターネットの本当の力を引き出す最大のポイントだろう。


(結びにかえて)

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 例年に勝るとも劣らず世界が激動した2010年が終わり、2011年になりました。ソーシャル元年と言われた2010年は、新たに勃興した多くのSNSサービスの強烈な存在感を肌身に感じながら過ごした1年であったと言えます。しかし、本当の意味での変化、日々の生活そのものがまるっきり変わってしまうような革命は、これから起こっていくことでしょう。我々が2010年に目にしたのはその可能性のほんの一端に過ぎないと思っています。そのような意味で、2011年はこれまでにも増して忙しく騒がしい1年になることと思いますし、きっと世界は多くの期待と興奮に包まれるでしょう。私はそのことを信じて疑いません。

 同時に、その速度を上げながら変わりゆく世界に生きることは、我々が自らの頭脳を極限まで回転させながらそれら一つ一つの変化の「意味」を考え抜かなければならないという事実をも示しています。変化を見極めること、そして変化を恐れないこと、2011年は今まで以上にこれが求められる年であると思います。本年も、これらを楽しむことが出来ればいいなと考えています。

 本年もよろしくお願い致します。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

「ネットの作法」を学ぶ

インターネットの進歩が声なき一般市民に大きな力を与えた。

WEB2.0と呼ばれるようになって久しいインターネット世界の特徴は、しばしばこう論じられる。

一昔前までは自らの意思を世の中に向けて発信する術を持たなかった弱い個人が、様々なソーシャルプラットフォームを活用して情報を発信していく。”その他大勢”というラベルを付けられ、ただただ埋没していた多くの個性に様々な形で光が当てられるようになったことは、確かに恩恵と言って然るべきだろう。

Twitterの登場によってこのような傾向は強まりを見せ、急激なスピードで流れる情報のうねりの中で実に多様な言葉が飛び交っている。

先日、Twitter上でNHKの公式PRアカウントがさかなクンが登場する当局の番組に関して呟いたTweetと、それに対する視聴者の反応が話題になった。

http://www.yukawanet.com/archives/3150197.html

要約すると、NHKのアカウントが「さかなクン」に対して「さん」など敬称を付けずに呼び捨てで呟いた事に対して複数のTwitterユーザーから批判を受け、謝罪に至ったという事件だ。

別にそこまで騒ぎ立てる事でもないし、クンの後にさんをつけるのは違和感がある。個人的にはそう思うのだが、これについて色々と議論が巻き起こったようだ。


本当に敬称が必要だったかどうかは置いといて、この場面を見ていて少々考えた事がある。これは、インターネット社会で情報を発信していく”旧世界の強者”が抱える課題を克明に描き出した、ある意味で象徴的な事件なんじゃないか、と。


Twwiterなんかを見ていても、これまでは情報を発信するだけだった側がユーザー側に回り、強者と弱者の間の距離はこれまでにないくらい近づいた事を実感する。企業の公式アカウントや有名な経営者に対して罵詈雑言を浴びせる個人は別に珍しくないし、彼らと一般市民のケンカも今では普通の光景になった。

これまで得る事のなかった手痛いフィードバックに急に対応しなければならなくなった彼らは、インターネット世界の「現場」に関する何の経験値もリテラシーも持たない。2chほどではないが、Twitter上でもちょっとしたつぶやきに対して脊髄反射的につっかかってくる輩は少なくない。このようにほぼリアルタイムでなされるやりとりの中で、適切なふるまいをする事がいかに困難かは、実際に痛い目を見ながら学んでいくしかない。


今回のNHKの対応は間違ったものだと思う。謝罪する必要は全くなく、なぜ敬称を略したのか、その裏にあったはずの考察を淡々と述べる事で自体を鎮静化する事が可能だったはずだ。しかし、上で述べたとおり、なんの作法も知らない彼らに正解を求める事は酷である。NHKの中の人は、物凄いスピードで広がっていく思わぬクレームの嵐に萎縮してしまったのだろう。即座に謝罪する事ぐらいしか思いつかなくてもしょうがない。コミュニケーションのスピードが速い事も、この問題を一層深刻にしている。

批判をした面々は、普段からNHKを好意的に思っていなかった人達かも知れない。そういった小さな声、ごくごく少数の外れ値でも、ダイレクトに届いてしまうのがネットの怖さである。どんな音でも拾ってしまう拡声器のようなものだ。どんなにひどいバイアスがかかっていても、それらは情報発信者の目の前に等しく現れるだろう。


旧時代の強者も、ソーシャルプラットフォームの中では単なる1ユーザーに過ぎない。彼らはこれからも痛い目を見るだろうが、それでもその中で「インターネットの作法」を学ばなければならない。彼らは、リアルで繰り広げられる熾烈な争いに生き残るためにWEBに活路を見出そうとした。しかし、ネットはネットで全く異質の厳しい生存環境に晒される事になるのだ。


彼らがネット上でも存在感を発揮し始めるのは、まだまだ先になりそうだ。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

身体化された映画館 - iTune映画体験レポート!

先日Appleが開設して話題になったiTune映画ストア。現在400本あまりの映画(新作/旧作)をダウンロードしてPCやiPad上で楽しむという、アレである。



画像にあるように、人気の作品が結構沢山並んでいて、サービス開始直後としてはかなり力の入ったラインナップと言える。

近日中に試そうと思っていたんだけど機会が無くて、さっき初めて映画を1本見た。本記事はその体験レポ。


ダウンロードには「レンタル」と「購入」の2種類があって、レンタルの場合は低価格で再生に有効期限がある。ざっと見た所、価格の中央値はレンタルでは300円ぐらい、購入だと2000円ぐらいといった印象だった。

今回は、コメディ映画の全米歴代最高の興行収入をたたき出した「ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(2009, 原題:The Hangover)を選んだ。もちろんレンタル。

購入/レンタルは音楽と全く同じ要領で、レンタルのボタンをぽちっと押すと決済処理がなされ、ダウンロードに移る。本作は1.5GB程度で、15分ちょっとでダウンロード終了。

今の所iPadで購入とレンタルを行うことはできず、PC上のiTuneでのみ映画を買うことになっているので、ここからiPadで見るための同期作業に入る。これには2分もかからなかったように思う。

最初はわからずに色々と探しまわったんだが、同期したムービーはiPadの「ビデオ」アプリに格納されているのを発見。開くとこんな感じ。


アップロードツールのせいですごいぼやけてるけどw

再生ボタンを押して再生。

あとは映画を堪能するだけ。内容の感想はまた別の機会に。すごく面白かった。

そして一通り見終わった後の使用感なんだけど、結論から言えば、非常に満足している。これなら、わざわざツタヤまで映画を借りに行かずにこっちでサクサク借りてしまうかも。価格に差があることを考慮しても。


HDの映画では無かったものの、映像は十分に綺麗だったし、固まったりもせず軽快に再生された。画面の小ささも全く気にならず、映画の中に入っていけていた。

そして一番嬉しかったのは、iPad端末だからこそ可能な、”ベッドで寝っ転がりながら視聴する事ができる”というもの。部屋の中もすっかり寒くなって来た昨今、これは非常に助かる。暖かいベッドの中でぬくぬくしながら映画を見ることができる、これこそ至福である。なんなら掛け布団の中に完全に潜ってしまっても見れるのである。この視聴スタイルは、もはや場所も環境も選ばない。まさに、「身体化された映画館」である。

これなら移動時間なんかにも気軽に見れるし、可能性は無限大に広がったという感じだ。


メモリを結構食うので、見終わったらiPadの方は消しておけばいい。


今後も多くの作品iTune映画ストアに登録されると予想できるが、魅力的なタイトルがどんどん増えて行って欲しい。どんどん使っていくつもりだから。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

躍進するEvernote

みんな大好きEvernoteのユーザー数が500万人を突破したらしい。

しかも、伸び率すら伸びてるという衝撃の事実。
すごい。


※TechCrunch記事http://bit.ly/9gOtzEより引用


この成長、GoogleのモバイルOS「Android」のシェア拡大にかなり引っ張られているだろうとは思うんだけど、それにしてもとっくに皆に浸透してる感を持っていた自分としては驚いた。

「全てを記憶する」なんてコンセプトは結構ありがちだし、類似サービスが沢山ある中、よくここまでダントツに駆け上がってこれたと思う。

自分としては、Evernote本が何冊も出版される中、実際その利用価値をそこまで見い出せずにいる。既存の色んなサービスを組み合わせれば、Evernoteを使う必要性はないとすら思っている。


でも、これ完全にキャズム越えてんなーってぐらいの勢いだから、それなりに皆に支持された結果なんだよね。

グローバルで成功しているサービスとしては500万は特別多いって訳じゃないし、まだ成長余地は十分あるから、これから行くとこまでいくんだろうかねー。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

電子書籍はじまた!神がかったデジタル雑誌・書籍サービス「Zinio」

今年2010年は、Appleによる電子書籍ストアの開設をはじめとして数々の同様のサービスが勃興しており、「電子書籍元年」と呼ばれている。

iPhoneとiPad両方のユーザーである自分にとっては、この流れはとても喜ばしい事のはずであり、真っ先に恩恵を受ける部類であるはずだった。

しかし、である。

Amazonの日本語版Kindleストアは一向に始まる気配を見せず、Appleは相変わらずどうでもいい本ばかり並べ、その他のサービスも端末はバラけるわ全貌がいつまでたっても見えないわで、未だこれといった感動体験には出会わずに過ごしてきた。

電子書籍の始まりの年は、同時に終わりの年でもあるのだろうか。

だが、先日たまたま発見したデジタル雑誌・書籍サービス「Zinio」は、この閉塞感を打開するだけの力を持っているかもしれない。

アメリカ発のこのサービスは、The Economist、Harvard Business Reviewをはじめとした有名雑誌を中心に50,000種類を超えるコンテンツを取りそろえており、それらが書店で買う値段の2/3程で購入できる。
購入したコンテンツは、PC(win/mac)上だけでなく、iPhone、iPadでも読む事が可能。というか、専用アプリが既に存在するという徹底ぶり。

今の所、購入できるのはほぼ洋雑誌・洋書だけだが、サイト自体はいち早く日本語対応を済ませ、日本語コンテンツも徐々に増えてきている。ここに垣間見えるZinioの”やる気”は、上記で言及した他のサービスとは一線を画している。

今読める日本の雑誌一覧を挙げると、

・DIME
・PCFan
・SPA!
・Discovery Japan
・VOGUE HOMMES JAPAN
などなど。

ラインナップはこれからも増えていくと思われる。

自分は、National GeographicsやScience Illistratedなどを読んでるが、決済・ダウンロードも一度登録してしまえばサクサクできるし、何冊でも持ち運べてすごく便利。



2010年ももうすぐ終わるが、ここにきてやっと、電子書籍元年の萌芽をみることができたような気がしている。


Zinio日本語サイト:http://jp.zinio.com/

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

iPadがiOS4搭載へ

ようやく、iPadが実用に耐えうるデバイスになる。

Appleイベント速報―iOS4.1リリース、iPad向けiOS4.2も11月に(TechCrunch)

記事によると、”今日の発表で、iOS4.2はiPhoneとiPod TouchばかりでなくiPadもサポートすることが判明した。”ということである。iPadがサポートされたiOS4.2は、日本では11月にもリリースされるようだ。


iPhoneでiOS4が使えるようになってしばらく経つが、アプリのフォルダ化とマルチタスキングを知ってしまっただけに、iPadでこれらの操作ができない点が非常にめんどくさいと感じるようになっていた。多くのiPadユーザーは同じ事を考えているのではないだろうか。


だから、この発表はかなり嬉しい。そこまで批判が上がっているわけでもないこの段階で、Appleの対応がこれだけ早かった事は評価に値する。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 
"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。