書評レビュー東大生ブログ 右往左往 [Logic]ニュースの目
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

Where is OBAMA’s AMERICA??

11月2日に開票が終わった米中間選挙は、民主党の歴史的大敗で幕を閉じた。

一夜明けた3日のホワイトハウスでの記者会見で、オバマ大統領は超党派の協力のもと経済対策に取り組んでいく姿勢を強調したが、自ら責任を認めるコメントも見られ、敗戦によるショックは非常に大きいものだろう。


彼の近視眼的な経済政策がアメリカ経済における地盤沈下のごとき失業率の増加を止められないことは就任当初から想像はついたわけだが、彼に過度の期待を寄せていた人が国民の大半を占めたという事実、そしてその熱狂ぶりは、忘れようにも忘れられない。遠く海を隔てた日本ですらそうだったのだから。

当ブログでは、当時からオバマの政策に懐疑的な内容の記事を上げていた。(→沈みゆくオバマのアメリカ
彼が大国のリーダーとしてうまく機能していないことに何回か言及している。


そういう経緯があったからこそ、思う事がある。
今回彼に対して国民から突き付けられたNO MORE OBAMAの声は、しかし少しだけかわいそうなものであると。


彼の”失敗”は初めからある程度想定できるものだったにもかかわらず、起きうる悲観的なシナリオを誰も彼に教えてあげることをしなかっただけでなく、ただ褒めちぎるばかりだったからだ。空虚で(今となっては)悲哀漂う偶像を作りだした国民とメディアによって「裸の王様」に仕立て上げられた彼に、もはや真理の声は届かなかっただろう。


バイタリティに溢れ、明るい未来を感じさせるトップを、我々は求める。それはほとんど本能的と言ってもいいぐらい強い欲求に思える。つまり、群れの存続を強いリーダーに求める動物たちのような。


我々がヒトではなかった頃、これはある程度妥当な選択だった。体つきが良く、声が大きく、強いリーダーとしての外見的特徴を持った個体は、大体において強かった。そんな個体に群れの命運を委ねることは、全く当然のことだったはずだ。

だが、リーダーの責務が複雑化し、その条件がもはや我々の感覚与件で捉えられる範囲を越えた現代においては、そういった群れのメンバーが持つ印象は、哀しき偶像に過ぎなくなった。


強そうなリーダーが選ばれ、英雄に仕立て上げられ、無残に散っていく。そしてまた、新たなリーダーが選ばれる。これは多くの国で起こっている事であり、日本はもちろんその筆頭である。


人間は一生この閉じた輪をぐるぐる回り続けるのだろうか。

今回の経緯を、日本ではなく遠い国の出来事だからこそ客観的に見ることができた立場としての感想は、なんとも悲痛なものだった。

そしてオバマもまた、その閉じた輪のただ1周分を担って消えていく1人に過ぎないだろう事を考えながら、我々はこれまでと変わらない日常 -世界を重く覆っている不況という空気 -を消費していくのだろう。
スポンサーサイト

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

黒船襲来

インテリジェンス買収へ 米ファンド、USENから

KKR。黒船来たる。

日本に上陸するという話が出てすぐに世界同時金融危機が起こったのですっかり忘れていた。

日本市場にもようやく海外の投資資金が流れるようになってきたのか。
むしろ、これを機に多くの投資家が戻ってくるかもしれない。


KKR、コールバーグ・クラビス・ロバーツとは、RJRナビスコへの敵対的買収で名高い「世界最強のバイアウトファンド」であり、その名前は創業者3人の名前を取ったものだ。

日本人にはヘッジファンドなどに対して拒否反応を持つ人が多いのだが、彼らの取り持つほとんどの案件は実はMBO(マネジメントバイアウト)であり、いわゆるハゲタカではない。

キャッシュを眠らせていしまっている企業、経営陣の能力のせいで利益が出ていない企業。彼らはそういう会社を買い上げ、企業価値を高める。日本の産業にとっては、確実にプラスである。


だが、なぜインテリジェンスなんだろう。
なぜ、人材なんだろう。

人材業界は今、不景気に苦しんでいる。全ての産業の中でも特に厳しい部類に入っている。
留まる事を知らない派遣切り→正社員への切り替えによって、人材派遣の市場規模は劇的に縮小した。
労働者派遣法改正案が今国会で成立すれば、さらなる逆風は必至だろう。

だから、わからない。なぜインテリジェンスなのか。

これらの企業の価値がリーマンショック前の水準に戻ることは、しばらくはないだろう。
日本にはもっと有望な業界・企業が多くあるはずだ。


何はともあれ、これから日本での投資を活発化させていくのなら、KKRは大きな話題を幾つも作り出していくだろう。

楽しみだ。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

ウォール街を追い詰める米国政府の思惑

検察によるゴールドマンの捜査開始の衝撃から数日が経ち、市場関係者の動揺も一旦収まったかに見えた。

そこにきて、これである。
米検察、モルガン・スタンレーを捜査 米紙報道

問題とされているのはモルガン・スタンレーが発行するデリバティブ商品(CDO)に対して、同社トレーディング部門がショート(価格下落に賭ける)ポジションを取っていた事だ。

これは、この前のゴールドマンの捜索理由とほぼ同様のものだ。


これは極めて不自然なものだ。
これまで黙認され見過ごされてきたこれらの取引が一斉に検挙されようとしている、それも示し合わせたように同じ時期に。

当然、そこには大きな思惑が存在する事が推測される。

金融規制改革法案に反対する金融機関の封じ込め

おそらく、今回の連続捜査劇は、新法案に拒否の姿勢を示す大手投資銀行に対する米政府からの強烈なメッセージだろう。

ウォール街を屈服させて政府の完全な監視下に置くためには強行手段も辞さないという構えを、オバマは見せたのだ。


この規制改革法案が実施されれば、過度なレバレッジをかけるような金融商品や取引は急速に減っていく事が考えられる。そうなると、実体経済を遥かに上回る規模に積み上がったこれらのレバレッジの経済が縮小する事は避けられない。アメリカにある多くの市場が落ち込む可能性があるだろう。それが世界的に大きな市場の混乱の引き金になる事は想像に難くない。

今回の法案が国会を通過する可能性は高いだろう。
高度な金融工学を用いたデリバティブの取扱高は減少し、世界経済は衰退する。
それがいい事であれ悪い事であれ、まだまだ世界のマーケットの混乱は収まりそうにない。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

ワールドカップ日本代表メンバー決定

はー

変わり映えのしない、可能性を感じないメンバー選定にはそろそろ飽きてきた。

最大のサプライズが川口、、、ね。


あのFW陣で点取れると思ってんのかよ!って声が方々から聞こえてくる中で、それでも他に誰がいる?って言うと答えられない悲しさ。

”天才”小野が選外だったことはいささか憤慨の余地があるし、もっと多くの若手を試しても良かったんじゃないかとも思う。

既に頂点に達した岡田監督への批判の嵐は、彼が攻めのメンバー選択をする事を難しくしたのは確実だ。
その中で、新たな選手を入れる事に必要な勇気は、この状況下では出しにくい。


「グループリーグ敗退」

あの屈辱の場面が再びやってくる。
日本にとっては紛れもなく”死のグループ”。
世界から見放され日本国民からも見放されそうな日本代表が、南アフリカで結果を残すことは難しいように思えるが、そこには4年後、8年後の将来へと繋がる一粒の希望すら見いだせなさそうだ。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

世界同時株安は再来するのか?

昨日の深夜から今日の早朝にかけての市場の混乱は一旦収まったかに見える。

たまたま起きていて色んな値動きを見ていたが、凄かった。
ドルが1ティックで1円も下がるのを見たのは久しぶりだったし、ダウも一時1000ドルを超す下げ幅だった。

ドルは120円台から一貫してショートしているので、ただただ興奮して見てたんだが、ツイッター上でのつぶやきの広がりはとても早かった。世界の終わり、みたいなツイートも多かった。

ドルが下がるのはうれしい限りだが、これが世界同時株安につながるのであれば、手放しで喜んでいるわけにもいかない。

市場では、毎度のことながらアルゴリズム取引、人為的取引ミス原因説がささやかれているが、様々な市場でのこのレベルの暴落は、より大きな病巣を抱えている世界経済に対しての市場のセンチメントが決して回復しきった訳ではない事を示したにすぎないと思う。

特に、今回のギリシャの破たん問題から波及したと言われる市場の混乱の中で一際目立った(明らかに下げ過ぎた)ドル円の暴落は、投資家のドルに対する信頼という下支えが、薄氷を踏み渡っているに等しいほど脆いものである事を露呈した。

今回の事がより長期的な問題に直結するかといえば、世界の主要市場にその影響がすぐに波及するとは考えにくい。
ただ、アメリカ経済が危機的な状況にある事に変わりはなく、あちこちに暴落の可能性が転がっている事を皆が思い出しただろう。今後はよりリスク回避の動きが目立つだろうし、主要なコモディティも弱くなるかもしれない。昨晩は原油も大きく下げた。

円高で業績が悪化する企業も多くなると予想されるし、アメリカの市場動向によっては日本市場も無傷ではいられない。

株が下がるのは別に悪くない。バーゲンセールに参加できる事は投資家にとってはいいことだ。でも、日本市場がアメリカに引っ張られ過ぎるのをいつも苦々しい思いをしながら見守るしかない自分にとっては、日本の投資家頑張れよ!って思ってしまう。

EUはしばらく不安定だろう。
それはしょうがない。
あっちの方はさすがに読み切れない。


でも、そろそろアメリカのあらゆる資産クラスをショートするための資金を準備しなければいけない時期かもしれない。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

相撲の終焉:閉塞した組織は内側から腐る

朝青竜が引退した。
解雇を突き付けられた上で、しぶしぶ承諾した形での終幕だったそうだ。

そして相撲界からまた一人、英雄が去って行った。

強さの象徴であり日本相撲界の帝王として君臨した彼は、とてつもなく重要なものを持って、土俵を退く事になる。
日本の国技である相撲が長らく無くし続けているもの、視聴率。

今回の事が今後の相撲人気にどのくらいのインパクトをもたらすかは、これから見ていくことになろう。

ただ、状況は思わしくない。
明らかに。



近年の相撲界は、朝青竜が孤軍奮闘で盛り上げていたと言ってもいいだろう。
白鵬との熾烈な横綱争いが、人気不調だった相撲協会に大きな恵みをもたらしていた。

朝青竜は、良かれ悪かれ注目される存在であり、確かに数字を持っていたのだ。

では、そんな彼がいなくなった後の大相撲はどうなるだろう。
スター不在でも十分持ちこたえられる?

おそらく、それはない。
白鵬は、単独で輝けるほどのスター性を持っていない。
悪の横綱と対置されて初めて、誠実で物静かな力強さが光る。
他の力士の存在感を考えると、さらに悲惨だ。
それ以前に、相撲の実力的にも後釜としてやっていける力士がいるか疑問だ。

つまり、彼の不在を補えるほどの人的資源を有していないというのが、日本相撲協会の現状なのだ。

これからは、寒い冬が続くだろう。

本場所の大入り日数は長期的に大きく減少しており、今年度もその数を減らす。
観客数の大幅な減少だけでなく、近年は持ちこたえていた視聴率も相撲協会の頭を悩ます問題に加わるだろう。

テレビで相撲を見なくなる人が増え、両国に足を運ぶ人が減り、力士を志す人が減る。

朝青竜が絡む横綱争いの有無と視聴率や観客数には、明確な相関があった。
今回の引退が、日本相撲協会の全収入の80%を占める本場所での観客収入に影響を及ぼすのは必至だろう。(日本相撲協会HP 収支報告より)


こんな状況でもなお、当の相撲協会は何の手も打っていないように見える。
圧倒的な危機感の欠如。相撲協会をじわじわと蝕む病理が、そこにある。
過去記事にも書いたが、当事者、業界関係者も含めて、事態を楽観視しているとしか思えない。

ある年配の相撲評論家が、相撲人気低迷についてどう思うかとの問いに、こう答えていた。

「ヒーローは次々に出てくるもの。
文化の力は強い。そう簡単にはダメにならないものなんですよ。」

なんともお気楽な話ではないか。
批評をする第三者的な立場の人ですらこの始末なのだ。

ここに、相撲の終焉を高らかに宣言したい。
国技という地位に溺れ、内側から腐ってしまった相撲協会に、明日はない。


幾つもの国民的スポーツがある日本にとって、今や相撲はさして重要な存在ではない。
大きな助け舟が出されるかどうかは甚だ怪しい。


朝青竜を辞めさせたのは、大きな間違いだった。
今回の事件の倫理的側面を加味したにしても、そう思わずにはいられない。


関連記事:
朝青竜ガッツポーズ問題に見る、相撲協会のバカさ加減
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

COP15閉幕:世界が乗り越えるべき壁は高い

COP15が閉幕した。
成果は、芳しくない。

COP15:温室ガス削減、日本「25%」見直しも 「各国意欲的」の前提危うく
出典:毎日jp

今回、具体的な温室効果ガス削減目標の提示について、世界各国の慎重さが顕著に表れた。
直前まで意欲的な姿勢を見せていた先進国・途上国ともに、弱気な発言に終始した感がある。

結局、削減目標と言う「数値」は、政治的な手札の中の一枚に過ぎない。
核を持つ/持たないの議論とさして変わらないものだという事だ。
今は、まだ。

いや、まぁ、環境対策が手札に加わっただけよしとするかっていう風にも思うけど、今回のCOPを見ていると、この先世界が未来を見据えて努力していけるかかなり疑問に思う。

恐らくは、削減義務が単なる政治的手段を超えて機能するに至るには、超えるべきいくつかのハードルがある。
・現実的な数値目標の設定
・産業界とのコンセンサスの形成
・国家間での削減義務量の適切な配分
である。

現在のように数値だけが独り歩きしているようでは、まだまだ。

いっそのこと、先進国全体での義務削減量を設けて、それを各国に配分したほうがいいのではないか。
そして、途上国でのインフラ構築やアウトソーシング、貿易などに一定量の排出枠を付与する。
現状にこだわっていては、各国の不平等を解消する打ち手は存在しないだろう。



今回初めて具体的な部分に踏み込んだCOPだったが、それゆえに環境問題の扱いの難しさが初めて表面化した会議となった。
日本も、今回の各国の弱気な態度を見て、25%削減を撤回する可能性は非常に高い。


日本の目標削減率の推移は、鳩山首相の支持率と非常によく似た動きを示すだろう。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。