書評レビュー東大生ブログ 右往左往 [Logic]政治
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

国会、揺れる。

日本の政治が荒れている。

それはもう、どうしようもないぐらい。


連立解体の与党、乱立する新党、人材流出が止まらない野党第一党。
まるで戦国時代に突入するかような様相を呈しているが、これらの喧騒は国民にとって全くもって現実感のない、遠い対岸で起こっているボヤ騒ぎのように思えている事だろう。

この騒ぎがどこに落ち着くか(落ち着くかどうかはわからないが)があまり重要ではないように、これからどこの政党が政治を行うかも、我々にとってはさして大事な話ではない。


こうコロコロとトップが代わっては、どんなプロジェクトもうまく走らなくなってしまう。各省庁レベルで議論されている案件がいちいちゼロクリアされてしまえば、政府の機能がマヒするのもそう遠くない話だろう。


そもそも、鳩山が悪いかどうかに甚だ疑問、というか他のやつでも同じ状況になっただろうと思う。辺野古にしても、野党などから出てくるのは批判ばかりで、こうすべきという話は全くなかった。

国民投票で民意を問うとか、やり方はもっとあったはずだが、他のやつが首相だったとしても同じ状況になったはず。


国民は、自分たちのレベルに応じた政府しか持つことができない。

それは確かにその通り。嘆かわしいことだが、嘆くべきは自分のレベルなのかもしれない。


政党同士のM&A案件は、誰が取り仕切るのだろうか。
スポンサーサイト

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

事業仕分け第2弾開始 - やっぱりずれる論点

先日始まった事業仕分け第2ラウンドを、ニコ動で見ていた。

JETROなんかがボコボコにされてて面白かったし、事業仕分けの醍醐味?は十分に伝わってきた。


でも、やっぱり論点がずれていた。
そこは、前と変わっていなかった。


天下りがどうだとか、給料が高すぎるだとか、収益がどうだとか、そういう議論もいいんだけどさ


もっとあるよね

もっとメタで

俯瞰的で

長期的な

視点で

その事業の”必要性”を議論するための

論点が。


次世代ネットワークの日本独自の規格が必要かどうかなんて、国レベルでそもそも議論しとけよ。
何が必要で何が不要かなんて、国家戦略の方向性によって変わってくるだろう。
情報技術について全く知らない政治家が何人集まろうと、本質的な話は出来ないよ。
「なんで世界2位じゃだめなんですか?1位じゃなきゃいけないんですか?」だって?そこにある死ぬほど大きな違いを理解したうえで、どっちを選択するかはお前ら仕分け人の目指してる方向性にも大きく依存してるんだって。
財務省から毎年人が来てるのがなんでなのかなんて、わざわざ皆が集まって議論する事じゃない。
大多数の一般の職員が何の仕事してて、それは国家戦略と照らし合わせて必要な事業なのかって事について、ちゃんと腰を据えて議論しよう。
クレディ・スイスのチーフ・ストラテジスト連れてきて、天下りに切り込ませるとか、どんだけ人材の無駄使いしてるんだよ。そういう所こそ仕分けしようよ。
目に見えやすい表層的な「問題」を列挙していくだけのパフォーマンスは、第一弾までにしといて欲しかった。
近視眼的なコストカットじゃなく、真の付加価値創出のために事業の最適化を行うっていう目標を掲げるぐらいの気概は欲しかった。

確かに、仕分け対象事業の側に”説明責任”を移転させた点でこの取り組みは評価されるべきだと思うよ。
でも、切るのが政府の側の作業である以上、その基準を明確にする事、その基準を説明する事は、政府の仕事だろう。

そしてそれには、はっきりとした国家戦略 -そう、日本が長らく持ち合わせていないあれの事 -が必要不可欠だ。

長期的な日本としての国家戦略資源のもと、資源の選択と集中をドラスティックに行う旨、そしてその実現には事業分野のトレードオフが必ずついて回る旨を、しっかりと説明しなければいけないだろう。


そういう説明なしでは、そりゃ科学者も憤慨するだろう。もちろん、そのトレードオフの基準が明確であっても憤慨するだろうけどw
スパコンを切るのには、大義が必要だった。日本としてより優先されるべき情報投資分野に対する戦略が必要だった。


平素からそういった上のレベルでの議論をしていない政府が、日本を強くする仕分けを出来るわけがない。


今の事業仕分けは、カルロス・ゴーンと同じだ。
短期的なコストカットでの業績回復は、企業の将来を約束しない。

高付加価値創造という視点で議論しよう。
そこまで踏み込んだ”仕分け”が必要とされている。
かっちりした事業戦略をそこで立てようって話じゃない。
その視点が無ければ、最低限の切り分けすら出来ないという事。

それを意識すれば、仕分け人のメンバーも職種も、大きく変わってくるはずだが。
他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

揺れる民主党:小沢氏の進退は・・・


民主党の小沢幹事長が窮地に立たされている。


検察との全面対決を容認する発言をした鳩山首相だが、胸中穏やかではないだろう。

小沢氏側による不透明な資金移動が行われた事に疑いの余地はないが、絶対に捕まる事はないと考えているのは小沢氏本人だけではないかと思う。

石川衆院議員の逮捕に踏み切ったという事は、検察がそれなりの姿勢を示したという事だ。
今までだったら踏み込めなかったはずの聖域は、もはや崩れ去ったと言っていいだろう。

政権交代によって権力をさらに強めたはずの小沢氏が転落の一途をたどる事は、皮肉なことにも見える。
だが、この結果は決定論的に予想された事だと思われる。
それもずっと以前から。

「政治と金の問題」
遠く昔に腐敗してしまった日本の政治は、政権交代とともに再び大きく動き出すかもしれない。
民主党政権による本当の成果は、事業仕分けによって公共事業の聖域を切り崩したことではなく、二大政党政治においては裏のチェック機構がしっかりと働く事を完全に示して見せた事ではないだろうか。

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

鳩山首相が本を買ったらしい

これがニュースになるのもどうなんだよって話だけど。

以下、買った本のリスト

 (1)「日本辺境論」内田樹
 (2)「逝きし世の面影」渡辺京二
 (3)「闘うレヴィ=ストロース」渡辺公三
 (4)「日本国家の神髄」佐藤優
 (5)「『情』の国家論」山本峯章、村上正邦、佐藤優
 (6)「新自由主義か新福祉国家か」渡辺治、二宮厚美、岡田知弘、後藤道夫
 (7)「文化力」川勝平太
 (8)「ワールド・カフェ」アニータ・ブラウンら
 (9)「ネオリベラリズムとは何か」デヴィッド・ハーヴェイ
 (10)「新自由主義」デヴィッド・ハーヴェイ
 (11)「談志 最後の落語論」立川談志
 (12)「昭和史 戦後篇」半藤一利
 (13)「レヴィ=ストロース講義」C・レヴィ=ストロース
 (14)「暴走する資本主義」ロバート・ライシュ
 (15)「日本型資本主義と市場主義の衝突」ロナルド・ドーア
 (16)「日本語が亡びるとき」水村美苗
 (17)「動的平衡」福岡伸一
 (18)「確率論的思考」田渕直也
 (19)「21世紀の歴史」ジャック・アタリ
 (20)(21)「ブラック・スワン 上・下」ナシーム・ニコラス・タレブ
 (22)「新しい資本主義」原丈人
 (23)(24)「フラット化する世界 上・下」トーマス・フリードマン
 (25)「金融危機後の世界」ジャック・アタリ
 (26)「世界の経済が一目でわかる地図帳」ライフサイエンス
 (27)(28)「虹色のトロツキー 7、8」安彦良和
出典:徳島新聞WEB

2chでめっちゃ叩かれてるじゃんw
人気無いんだね~

意見としては、
「何をいまさら」とか、「28冊も買ってもどうせ積ん読だろ」とか、「やっぱりこども首相だ」とかが多い。


ただ、買った本の内容に関する言及は、意外なほど少ない。


まぁ、当たり前か。
知らないだろうしね。どんな本か。


内容の内訳は、こんな感じ。分類はざっくりと。

社会   9
文化   5
金融   5
思想   4
思考法  1
サイエンス 1
不明   4

まんべんなくって感じかね。

ただ、別個の本を見ていくと、これはパフォーマンスか、ネタなんじゃないかて思えてしまうものもある。

自分自身、自身上記リストの半分も読んだこと無いけど、タイトルを見るにつけ、そんなに本をたくさん読む人ではないな、という印象。

何で今頃?ってのがいくつか。
動的平衡、新しい資本主義、フラット化、などなど

これ読むって何歳だよってのがいくつか。
文化力、確率論的思考


まぁ、何読んでもいいんだけどね
首相にとって、インプットはそんなに関係ないし。
ただ、もうちょっとプリンシプル”的な”ものをいくつか選んでもよかったかも。
学があると言う類の人ではないように見えるリストかな。

組織論とかあれば凄いリアルだったんだけどねw

他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

沈みゆくオバマのアメリカ

アメリカはこのままだとつぶれる。

オバマが大統領になった時に、ドルはある程度盛り返した。
皆期待してたし、米国民には、オバマがいいアメリカを作るんだっていう
漠然とした確信があった。

でも、実際に彼が採ったマクロ的な政策は、選挙前から全然機能しないって
わかってたし、そう指摘する専門家も結構いた。

メディアは、オバマの凄さを存分に取り上げた。
日本にもあんなリーダーがいればな~って多くの人が思ったし、
ものすごいカリスマ性と、ものすごい熱意と、ものすごい誠実さを
もってる稀有な存在だと思う。

ここから得られる教訓がある。
カリスマ的で、完璧に見える人物像でも、リーダーが務まるとは限らない。
彼の雄弁で希望にあふれるスピーチが、客観的な判断を押しつぶした。
オバマ凄そう→大統領になる→アメリカ復活
っていう考え方にほとんどの人がなったこのケースは、いかに一般市民が
思考停止してるかを示す例だと思う。

マクロ政策におけるたった数個のミスを犯す事、それだけで、
リーダーである資格はない。


「オバマみたいな人が日本の首相だったらいいのに」

ブラウン管を通してこんな声を聞く事はもはや日常的になった。

だが、自分はオバマには決して日本のトップをやってほしくはない。
性格が最悪でも、いい参謀を起用して最適な戦略を取ることの重要性を
理解している人の方が1,000倍いい。


他の東大生のブログは東大生の人気ブログ集 から

web拍手
本エントリーがほんの少しでもお役に立ったなら、クリックお願いします!↓
 

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

"水の流れの音と梢のそよぎに寝かしつけられるようにして、ぼくたちは眠りに落ち、そして、世界が若返った夢を見るのだ。"
- J 「ボートの三人男」
プロフィール

yack

本棚のアウトソーシングに成功しました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。